2022年 1月 23日 (日)

井上尚弥が迎える「ボクシング人生のターニングポイント」 4団体統一の行方は?識者に聞く2022年の展望

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(28)=大橋=が2021年12月14日に挑戦者アラン・ディパエン(30)=タイ=を8回TKOで下して1年の最後を締めくくった。

   21年は世界戦のリングに2度上がり、それぞれKO勝利で王座の防衛に成功した「モンスター」。世界4団王座体統一、スーパーバンタム級への新たな挑戦...。ファンの期待を裏切ることなく進化し続ける井上はどこまで飛躍を遂げるのか。J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(56)に22年の展望を占ってもらった。

  • 挑戦者にパンチを打ち込む井上尚弥(写真:AFP/アフロ)
    挑戦者にパンチを打ち込む井上尚弥(写真:AFP/アフロ)
  • 挑戦者にパンチを打ち込む井上尚弥(写真:AFP/アフロ)

カシメロ体調不良で前日計量キャンセルも...

   井上は防衛を果たした翌15日の会見で22年の青写真を明かしている。

   報道によると、春に日本国内で世界3団体王座を統一し、夏に世界4団体王座を統一。そして年末に階級をひとつ上げ、スーパーバンタム級で世界4階級制覇に挑戦するというものだ。

   世界のバンタム級の状況をみると、22年の初戦はWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネア(39)=フィリピン=との再戦が有力視される。

   ドネアは21年12月11日に同級暫定王者レイマート・ガバリョ(25)=フィリピン=を4回KOで下し王座統一に成功しており、試合後に井上との再戦を熱望。ともに防衛戦のタイミングが重なり、時期的にも再戦のハードルは低いとみられる。

   計画通りに3団体の王座統一に成功すればその次はWBO王座となるが、現状は微妙な空気となっている。

   王者ジョンリル・カシメロ(32)=フィリピン=は12月11日にUAEのドバイで同級1位ポール・バトラー(33)=英国=と防衛戦を予定していた。ところが、カシメロは体調不調を理由に前日計量をキャンセルし、試合自体が流れてしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中