2022年 1月 26日 (水)

清原果耶の「感涙号泣」に視聴者もらい泣き ドラマ「ファイトソング」ラストに反響「想像の上」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の清原果耶さんが主演を務めるテレビドラマ「ファイトソング」(TBS系)の放送が2022年1月11日にスタートし、ラストシーンで見せた清原さんの涙の演技が話題になっている。

  • 清原果耶さん(写真:Pasya/アフロ)
    清原果耶さん(写真:Pasya/アフロ)
  • 清原果耶さん(写真:Pasya/アフロ)

人生どん底の主人公が一発屋ミュージシャンに出会う

   「ファイトソング」は2017年放送の朝ドラ「ひよっこ」(NHK)や2012年放送のドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)などで知られる脚本家・岡田惠和さんオリジナル作品。不慮の事故で空手日本代表の夢を諦めたヒロイン・木皿花枝(清原さん)と、一発屋のミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗さん)、花枝に片思いする幼なじみ・夏川慎吾(ジャニーズグループ「Sexy Zone」菊池風磨さん)の三角関係を描いた恋愛ドラマ。

   ※以下、ネタバレを含みます

   事故で夢を絶たれてしまい、人生どん底の花枝。無気力にただ毎日を送っていたが、周囲の勧めで、同じ児童養護施設で育った慎吾が経営するハウスクリーニング会社でアルバイトとして働くことになった。一方、かつて1曲だけヒットを出して以降鳴かず飛ばず状態の春樹は、所属事務所から「残り2か月でヒット曲を出さなければクビ」だと宣言され、崖っぷち状態...。そこで春樹は、「運気がアップする」というチラシの文言に惹かれ、慎吾の会社にハウスクリーニングを依頼。花枝が春樹の家を訪問する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中