2022年 5月 22日 (日)

AKB48歌唱力No.1の岡田奈々「ソロ」に意欲 卒業は「まだ」だが...「1人でどれだけできるか」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「周りを盛り上げるだけではなく、自分個人として成長した姿を見せる」

   終演後に報道陣の取材に応じた岡田さんは、後輩メンバーへの思いを

「STUのメンバーが、これだけ成長してファイナリスト(ベスト8)に残ってくれたことで、私は4回出た甲斐があると思います。みんなの成長をそばで見ることができて、一緒に喜びとか悔しさとかを分かち合えてよかったです」

などと語る一方で、岡田さんの「個人としての成長」に関する言及も多かった。

   21年は「エイベックス・アスナロ・カンパニー」に移籍し、AKB48としては1年半ぶりの新曲「根も葉もRumor」のセンターという重責を担った。岡田さんにとっては「みんなに頼ってちゃいけないんだな、という思い」を抱いた1年だ。ソロ活動が増える中で、今回の大会では「周りを支えるとか周りを盛り上げるだけではなく、自分個人として成長した姿を見せる」ことを目指した。

   優勝決定直後には、

「先頭に立って頑張らなきゃ!という気持ちで、みんなと一緒に頑張りたいなという思いです」

と話していた岡田さん。「先頭で引っ張る」ことへの思いを聞かれると、「個人としても活躍していく」ことがグループへの貢献にもつながるとの思いを明かした。

「『根も葉もRumor』でAKBの意識がガラッと変わって、いい風が吹いている中での、この歌唱力No1決定戦で、AKBである自分が1位を取った意味は絶対あるなと思うので、ここからこの結果を胸に、自分自身、個人としても活躍していくことで、何か48グループにプラスに働けばいいなと思うので、頑張らなきゃと思っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中