2022年 5月 17日 (火)

「ガッキー史上、最もめんどくせー女」 鎌倉殿の13人・新垣結衣の「今カノへのマウント」が反響

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の新垣結衣さんが、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に出演し、源頼朝の「元妻」として「今カノ」に怒りを露わにする演技が反響を呼んでいる。

  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
    新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • 「鎌倉殿の13人」に八重役で出演する新垣結衣さん。ドラマ公式インスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より
    「鎌倉殿の13人」に八重役で出演する新垣結衣さん。ドラマ公式インスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より
  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • 「鎌倉殿の13人」に八重役で出演する新垣結衣さん。ドラマ公式インスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より

愛する頼朝との関係を引き裂かれる

   大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として活躍する姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや2016年放送の大河「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。

   新垣さん演じる八重は、義時の初恋の人にして、頼朝の最初の妻。頼朝との間に息子・千鶴丸を設け、子育てに奮闘する一方で、平家を恐れる父・伊東祐親(浅野和之さん)と愛する夫との板挟みとなり、苦悩している。

   第2話では、政治的な理由で頼朝との仲を引き裂かれ、別の者に嫁ぐこととなった八重。渋々承服するが、最後に一目頼朝に会いたいとし、義時がその場をセッティングすることになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中