2022年 5月 24日 (火)

「宣伝のための茶番」宮迫博之が重ねた嘘 高級時計も売る必要なし...ファンすら呆れた「焼肉騒動の真相」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   宮迫博之さんが訴えてきた「資金難」は嘘だったのか。焼肉店「牛宮城」をめぐる問題が新たな局面を迎えている。

   2022年1月15日、牛宮城問題の真相に迫る動画が公開された。宮迫さん、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さん、極楽とんぼの山本圭壱さんによるYouTubeでのトーク番組「WinWinWiiin」の企画だ。

  • 宮迫博之さん
    宮迫博之さん
  • 試食会で提供された肉。ヒカルさんのYouTube動画より
    試食会で提供された肉。ヒカルさんのYouTube動画より
  • 宮迫博之さん
  • 試食会で提供された肉。ヒカルさんのYouTube動画より

「宮迫さんが個人出資100パーセントしてる感じだったんですよ」

   22年3月のオープンに向け準備を進めている「牛宮城」をめぐり、宮迫さんは1月6日にアップした動画で、店舗の内装を改修する費用を念出するため、自らの高級時計コレクションを売却する意向を明かしていた。

   だが、中田さんの質問によって、資金難に関する疑惑が持ち上がった。

   15日に公開された動画は、牛宮城をめぐる騒動で「WinWinWiiin」にまで批判が及ぶ可能性があったとして、中田さんが真相を知るために当事者に詳しい話を聞いていく――という内容だ。

   動画では、宮迫さんが「実際あの決定権に関しては、僕ともう一人います。最終決定権は僕なんですけど」「僕の親友ですね。ここは立場のある人間でもあるし、動画に出た方がいいと思って呼びます」と話す。

   そして、宮迫さんの協力者で、YouTubeでの活動にもかかわるノーブルプロモーション社の代表取締役・若林和人氏が登場した。

   中田さんが「基本的なところなんですけど、この牛宮城、出資している、お金を出しているのは個人ですか?会社ですか?」と尋ねると、若林氏は「ノーブル(プロモーション)という会社です」と答えた。

   牛宮城は、かつての共同経営者であるYouTuber・ヒカルさんが50%、若林氏と宮迫さんが共同経営するノーブルプロモーションが50%ずつ出資。若林氏は、今後ヒカルさんには出資金を返済しノーブルプロモーションによる100%出資とする予定だとした。

   こうした事実について、中田さんは次のように問いかける。

「宮迫さんが個人出資100パーセントしてる感じだったんですよ、イメージ的に。だからこそ時計を売らないといけないっていう、生活にまで火が付いている心配があったんです。ノーブル100%ってことは(火が)付かない認識だからやっているという。大丈夫なんですよね?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中