2022年 5月 25日 (水)

宮迫焼肉店、黒幕経営者は無能なのか 「切るべきだと...」ヒカルが明かした「杜撰な仕事」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   人気YouTuberのヒカルさんが2022年1月16日に公開したYouTube動画で、宮迫博之さんと共同でオープンを目指していた「牛宮城」の経営から撤退した本当の理由を明かした。

   宮迫さん、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さん、極楽とんぼの山本圭壱さんによるYouTubeトーク番組「WinWinWiiin」の企画で公開された牛宮城問題の真相に迫る動画に応える形だ。

  • 宮迫博之さん
    宮迫博之さん
  • 宮迫博之さん

「お前出てくるんかい、とはなりましたね」

   宮迫さんは、15日公開の「最終決戦!黒幕登場」などと題した動画で、牛宮城経営だけでなくYouTube活動などもともにしているというノーブルプロモーション社の代表取締役・若林和人氏の存在を明かした。

   「2人で経営している」とのスタンスではあるものの、ノーブルプロモーションの株式については50%を若林氏、45%を宮迫さん、残りの5%を別のメンバーが保有していると語っており、実質的な決定権は若林氏にあることが判明した。

   また、宮迫さんがこれまでの動画で「時計の売却が必要」などとして資金難をアピールしていたことについても、誇張であったことがわかった。

   この動画に対し、かつての共同経営者でYouTuberのヒカルさんは翌16日、「牛宮城の昨日の動画を見ての率直な本音」と題した動画で不満を吐露した。

   宮迫さんの動画で明らかになった情報をめぐり、ヒカルさんのもとに多くの質問が寄せられたとして、それに答える形で説明を行なった。なお、ヒカルさんの牛宮城への出資金はまだ返済されていないため、金銭的な援助は続いたままだという。

   「WinWinWiiin」の撮影については事前に聞かされていなかったそうで、

「パート4で若林さんっていう宮迫さんと一緒に(牛宮城の経営を)やってる人が出てくるんですけど、お前出てくるんかい、とはなりましたね。正直言わしてもらうとね」

と呆れ顔で語った。

   ヒカルさんは、「牛宮城」共同経営からの撤退を決めた際、若林氏をかばうため口をつぐんだ部分があると振り返った。

「当時僕が撤退した時に、言葉を濁したんですよ僕は。その理由が若林さんにあって。僕は全部(理由を)言いたい。あったこと全部言った方がいいし、ちゃんと責任を取る人が取った方がいいっていう派。嘘はつきたくないっていうスタンスだったんですけど、若林さんは出れないっていう......出せないってことだったんで、言葉を濁したような感じの撤退動画になった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中