2022年 5月 28日 (土)

日本文理高、野球部員「暴力動画」拡散で謝罪 校長はいじめ否定「一方的なものではなかった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   夏の甲子園で準優勝したこともある日本文理高校(新潟市)の野球部員が、別の部員を何度も殴るような様子を映した動画が「いじめ」だとしてネット上に投稿され、物議を醸している。

   高校側は、部員が別の部員を殴るなどしたことは認めてサイト上で謝罪したが、「いじめではなく暴力行為だと考えています」と話している。

  • 謝罪文が出た日本文理高校サイト
    謝罪文が出た日本文理高校サイト
  • 部員が別の部員を殴る動画のシーン
    部員が別の部員を殴る動画のシーン
  • 謝罪文が出た日本文理高校サイト
  • 部員が別の部員を殴る動画のシーン

「痛い、痛い」と悲鳴を上げても、さらに殴る

   動画ではまず、オレンジ色の上着を着た男子部員が、更衣室のような場所に立っているシーンが映る。その前には、青いパーカーを着たスポーツ刈りの男子部員がしゃがんでおり、立ったままの加害者の部員は、いきなり右手で被害者の胸の辺りにパンチを入れた。

   今度は、左手でパンチを入れ、さらに殴ると、被害者は、窓際に逃れた。被害者は、体をすくめ、怯えたように見るが、加害者は、被害者のおでこにもパンチを浴びせる。すると、被害者は、「痛い、痛い」とおでこを抑えながら、加害者を制止しようとした。

   周囲に人がいるのか、笑い声が聞こえる。加害者は、被害者に容赦せず、さらに両手でパンチを浴びせた。

   動画は、40秒強あり、これで終わっている。「日本文理高校野球部いじめ」と題され、高校の寮で起きたことを示唆していた。

   この動画は、ツイッター上で2022年1月19日、前日に動画アプリ「TikTok」で投稿されてすぐに削除された、と再投稿されて拡散した。日本文理高校の野球部は、甲子園に何度も出場し、お茶の間にも馴染みが深いだけに、ネット上では、何があったのかと驚きの声が上がった。

   投稿された動画の内容について、日本文理高校の田中利夫校長は1月20日、J-CASTニュースの取材に対し、「寮の中で部員が別の部員を殴る事実はあった」と認めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中