2022年 5月 24日 (火)

「労働環境改善に全力で取り組む」 違法残業疑い「月342時間」も...書類送検の人気洋菓子店が謝罪

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   兵庫県三田市内の人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」は2022年1月21日、長時間労働による労働基準法違反の疑いで書類送検されたことを受け、公式サイトに謝罪文を出した。

   読売新聞や神戸新聞などの報道によると、同社は21年1月16日~2月15日の1か月間、従業員11人に対し、労使協定で合意した時間外労働上限の月100時間を超えて働かせるなどした疑いが持たれている。

  • 「パティシエ エス コヤマ」公式サイト
    「パティシエ エス コヤマ」公式サイト
  • 会社の採用情報には、小山氏の厳しい言葉が
    会社の採用情報には、小山氏の厳しい言葉が
  • 「パティシエ エス コヤマ」公式サイト
  • 会社の採用情報には、小山氏の厳しい言葉が

過労死ラインを超えて月342時間労働もあったとの報道も

   伊丹労働基準監督署(兵庫県伊丹市)は22年1月21日、法人としての同社と製造・経営部門の幹部2人を神戸地検に書類送検した。中には、過労死ラインとされる月100時間以上を大幅に超えて月342時間も労働していた従業員もいるという。

   同社については、18年1月に同労基署から是正勧告を受けた後、21年1月14日にも再度勧告を受けていた。しかし、同年11月には、「やりがい搾取」が行われ、若いパティシエが次々に辞めていると報じられるなどし、同署では、2度の勧告でも改善せず悪質だと判断して刑事事件として立件したという。

   一方、同社は21年12月末、サイト上にお知らせを出し、1月の是正勧告を全面的に受け入れ、専門家の助言で対応を行い、未払い賃金の支払いも終わったなどと同労基署に報告したとしていた。

   同社は、オーナーシェフの小山進氏(57)が03年に創業し、フランスのチョコレート品評会で数々の賞を受けており、ロールケーキ「小山ロール」でも知られる。小山氏は、19年には「世界最高峰のチョコ職人100人」に選出された有名パティシエで、テレビ番組などにも多数出演している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中