2022年 5月 29日 (日)

「釣りという文化をサステナブルに」 海中ゴミ拾いで資源再利用...「マリンスイーパー」が目指す先

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   釣り人が集まる釣り場の海底には、放棄されたルアーや糸が蓄積していく。このゴミが蓄積した海底を、「マリンスイーパー」の名でダイビングして海中の釣りゴミ清掃をする人がツイッターに投稿すると、そのショッキングな映像は大きく拡散された。

   海底の動画を投稿した、静岡の海で海中清掃の活動を続ける「マリンスイーパー」の土井佑太さんに、実情とこれからの展望を聞いた。

  • 根掛かりの糸にひっかかり脚を切断し残り1本になってしまったカニ
    根掛かりの糸にひっかかり脚を切断し残り1本になってしまったカニ
  • エビにも糸が絡みついて傷ついている
    エビにも糸が絡みついて傷ついている
  • 海底に蓄積されたルアー
    海底に蓄積されたルアー
  • 根掛かりの糸にひっかかり脚を切断し残り1本になってしまったカニ
  • エビにも糸が絡みついて傷ついている
  • 海底に蓄積されたルアー

放棄されたルアーと釣り糸

   土井さんは2021年1月18日、釣り糸だらけの海底の様子を撮影してツイッターにアップした。場所は静岡県某所の著名な釣りスポットで、釣りのハイシーズンには1週間で1000人、週末は1日200~300人が訪れる。

   「ゴロタ場」という海底に丸い石が蓄積して豊かな釣り場になっている場所だが、その分釣り人の数も多く、放棄を余儀なくされるルアーと糸が溜まる。

「釣り針が岩など水中の障害物にひっかかり、引き上げられなくなることを根掛かりと言います。工夫して回収できればいいのですが、どうしても取れない場合は釣り糸を切って放棄するしかありません。釣りをやっていると起きてしまうことではあります」

   と、自らも釣り人の土井さんは説明する。根掛かりで放棄された糸がまた別の釣り針を引っ掛けて根掛かりを起こす、の悪循環が起き、漁場にも悪影響を与える。

「根掛かりの糸が海藻に絡みつくと海藻は枯れてしまい育たなくなります。エビやカニにも糸が絡みつくと死んでしまいますし、魚が減って釣れなくなります。『昔は魚が釣れたのに釣れなくなった、という事態が起きる一因でもあり、全国どこの釣り場でも起きることです』」(土井さん)

   これをダイビングで回収、さらにルアーを再利用しているのが土井さんの仕事だ。10年のダイビング歴がある土井さんだが、清掃は3年ほど前から始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中