2022年 5月 28日 (土)

根尾昂の打率「野手として屈辱的」 球界OBがバッサリ...同学年・小園と比較「差がついちゃった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球・横浜ベイスターズ、日ハムで活躍した野球解説者の高木豊氏(63)が2022年1月31日に公開したユーチューブ動画で、中日・根尾昂選手(21)について言及した。

   18年ドラフトで中日から1位指名を受け入団した根尾は、プロ3年目の昨季は開幕スタメンを勝ち取ったものの、72試合に出場し打率.178、1本塁打、16打点と不本意な成績に終わった。

  • 中日・根尾選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    中日・根尾選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 中日・根尾選手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

「根尾が小園よりもまだ体が出来上がってない」

   昨年の秋季キャンプでは立浪和義監督(52)が今季、根尾を外野手一本で勝負させることを明言。スポーツ紙の報道によると、春季キャンプ参加のため沖縄入りした根尾は外野でのレギュラー取りに意欲を見せたという。

   高木氏は立浪新体制のもと始動する春季キャンプについて「新監督立浪になりチャンスはもらえるとは思うけど、キャンプの時からどういうアピールを開幕まで続けるかどうか。これには注目なんだけどね。それなりのものは示していかないともうだめだよね」と指摘した。

   また、根尾と同学年で18年ドラフトで広島に1位指名を受けて入団した小園海斗内野手(21)と比較しながら根尾の奮起を促した。

   小園はプロ3年目の昨季は113試合に出場し、打率.298、5本塁打、35打点をマーク。シーズン序盤にショートのレギュラーを奪い、中盤には3番を任されるなど首脳陣の信頼を勝ち取った。

   高木氏は「(根尾は)どうしても小園とかぶる」と切り出し、「小園は同じセ・リーグのショートで昨年数字を残して結婚もした。差が付いちゃったなっていうような。根尾が小園よりもまだ体が出来上がってないというのもあるが」と率直な感想をもらした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中