2022年 5月 27日 (金)

「カムカム」ジョー、ついに復活? 急に楽譜を書き始め...意味深シーンに期待高まる

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2022年2月2日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、俳優のオダギリジョーさん(45)演じる大月錠一郎に起きた「変化」に対し、視聴者から歓声が上がっている。

  • オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)
    オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)
  • オダギリジョーさん(写真:Abaca/アフロ)

トランペットが吹けなくなったジョー

   番組冒頭、地元の子供たちの草野球を眺めながら、川原のベンチに腰掛ける錠一郎。とんちんかんな指示を出して子供たちに笑われるも、ふと、何かを思い出したかのようにポケットを探ってメモ帳と鉛筆を取り出した。

   そして、5本の線を引くと、ト音記号と音符をそこにちりばめ始めた。楽譜を書くシーンは一瞬だったものの、視聴者からは「ジョーさん、楽譜書いてたよね。曲作るのかな?」といった声が続々と上がったのだった。

   錠一郎といえば、1月21日の放送で、突如としてトランペットが吹けなくなる症状に襲われていた。その後、2代目ヒロインの大月るい(深津絵里さん=49)と結婚し、娘のひなたが誕生するも、仕事をしている描写はなかった。

   視聴者からは、「てか、ジョーは毎日何してるの?」と結婚後の様子にツッコミが出る一方で、トランペットが吹けなくなった錠一郎に何らかの形で復活してほしいと願うような声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中