2022年 5月 23日 (月)

YOASOBI描いた人気絵師に「トレース疑惑」 一部グッズが販売停止、真偽不明も騒動拡大

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気音楽ユニット「YOASOBI」のキービジュアルなどを手がけたイラストレーターの古塔(ことう)つみさんが描いた作品について、ネット上で著作権侵害があるのではないかと指摘が出ているとして、大手雑貨メーカー「マークス」が事実関係を確認するため、古塔さんのデザインした商品を一時販売停止にしたことが分かった。

   一方、人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラを元に古塔さんがデザインした商品について、ゲームの関連事業を行う会社のポケモンは、著作権侵害があるかについて、「調査を行った結果、事実ではなかった」と取材に答え、商品の販売を続けることを明らかにした。

  • 古塔つみさんのツイッターアカウント
    古塔つみさんのツイッターアカウント
  • ツイートで紹介した手帳は販売停止に
    ツイートで紹介した手帳は販売停止に
  • 古塔つみさんのツイッターアカウント
  • ツイートで紹介した手帳は販売停止に

コレコレさんのライブ配信で、画家の女性が疑いを指摘

   古塔さんは、主に若い女性のイラストを手がけ、「あっ、女子しか描けません。すてきな人しか描けません」をキャッチフレーズにしている。人気も高く、ツイッターに約11万、インスタグラムに約30万のフォロワーがいる。

   そのイラストの一部について、ユーチューバーのコレコレさんが2022年1月28日夜にライブ配信した中で、トレースの疑いが指摘された。

   21年1月に開かれていた古塔さんの個展に行ったという画家の女性が、コレコレさんに情報を提供し、古塔さんの作品の1つに見覚えのある構図があったと明かした。それは、イギリスの写真家デレク・リジャーズさんの作品集「パンクの誕生」にあった有名な写真だという。

   若い女性がタバコを右手に持って男性に抱き付いている構図で、この写真を反転させたうえで、古塔さんの作品と重ね合わせると、袖のしわなどの服の線や顔の輪郭が一致したという。古塔さんの作品では、手の描き方などが少し変えられているように見えたとした。

   他の作品も調べたところ、イタリア人モデルの写真や米メイクアップアーティストの作品をトレースしたような跡が見つかり、少なくとも5、6点の作品に疑いがあったという。これらの作品は、個展で販売されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中