2022年 5月 23日 (月)

高梨沙羅への「メイク批判」にアスリートら続々反論 「選手の人生、生活の中に競技がある」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   北京オリンピックのスキージャンプ女子ノーマルヒル代表・高梨沙羅選手(25)のメイクをめぐる報道に注目が集まっている。SNSでは、各界の著名人から高梨選手への擁護コメントが相次いでいる。

  • 高梨沙羅選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    高梨沙羅選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 高梨沙羅選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「表に出てこない努力や苦しみ、色んなことみんな乗り越えてあの舞台にいるんだよ」

   高梨選手は2022年2月5日に行われたスキージャンプ女子ノーマルヒルに出場。惜しくも4位となり、2大会連続のメダルを逃した。

   高梨選手は、15歳でワールドカップ(W杯)に初優勝して以来日本のエースとして活躍している。当時は素朴なイメージだった高梨選手だが、年齢を重ねメイクした姿で試合に出場するようになると、SNSなどで「チャラチャラしている」「調子に乗っている」といった心無いコメントが投げかけられるように。以来、たびたびメイクやファッションなどに関する批判を浴びてきた。

   今回の試合後もこうした批判の声が散見されたことから、スポーツメディア・REAL SPORTSは6日、「高梨沙羅へのメイク批判は正当か?『メイクしている暇があったら練習しろ』の大きな間違い」と題した記事を公開し、高梨選手への批判に反論した。

   アスリートビューティーアドバイザー・花田真寿美さんによる同記事では、選手への取材を交えアスリート選手のメイク・ファッションが生むメリットを解説した。アスリート選手は自信を持って競技に挑むことが重要であり、メイクやファッションへのこだわりがパフォーマンスの向上を生むことも多いという。

   報道を見た各界の著名人からも、高梨選手を擁護するコメントがツイッターで相次いでいる。

   元レスリング世界女王のダルビッシュ聖子さんは、同記事を紹介するツイートを引用し、メイク批判に反論した。

「見る所そこじゃない お化粧なんて中学生でも始めるでしょ。なぜ成人のアスリートはしちゃダメなの?笑 そういえば高校生の時の方がお化粧頑張っていたな、私。まつ毛の上がり具合が命でした。笑 そんな批判書く前に、もっと目を向けるべき事があるはず。そんな人ほど自分に集中しましょう」

   続けて、アスリートに心無いコメントをかける人々を制しつつ、アスリート達に向け応援のメッセージを送った。

「選手の人生、生活の中に競技がある。選手のその人なりの生き方を尊重しましょう? 彼女達を幸せにするのは顔の見えない誰かじゃない、彼女達自身しかできない。批判して人を不快な気持ちにさせるより、もっとハッピーにするような事をした方が何倍もいいのに。表に出てこない努力や苦しみ、色んなことみんな乗り越えてあの舞台にいるんだよ。そんな選手達に言える事はただ一言、がんばれ!」

   「人のことが気になる人は、まず自分を沢山癒してみて」とも投稿している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中