2022年 5月 22日 (日)

北京五輪の食事は「過去最低」...韓国選手団から不満の声 「食べられる物がほとんどない」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   北京五輪韓国代表選手から選手村での食事に不満の声が上がっていると、2022年2月7日までに複数の韓国メディアが報じた。

   聯合ニュース(WEB版)は5日に選手村での食事に関する記事を配信。北京五輪に出場している韓国選手団は食べ物の問題に苦しんでいると伝えた。

  • 開会式で入場する韓国選手団(写真:AP/アフロ)
    開会式で入場する韓国選手団(写真:AP/アフロ)
  • プレスセンターで提供された北京ダック(写真:ロイター/アフロ)
    プレスセンターで提供された北京ダック(写真:ロイター/アフロ)
  • 開会式で入場する韓国選手団(写真:AP/アフロ)
  • プレスセンターで提供された北京ダック(写真:ロイター/アフロ)

「油があまりに多くて消化できない」

   記事ではビュッフェ形式の選手村の食べ物はそれほど質が良くないとし、大半の食べ物が韓国人の口にあわなかったので、きちんとした食事をすることが出来なかったとしている。

   韓国メディア主要メディア「朝鮮日報」(WEB版)は、韓国選手団の生の声をリポートしている。

   男子スピードスケートの鄭在源(チョン・ジェウォン)は「2018年の平昌五輪の時と大きく比較される」とし、「選手村の食堂の食べ物はそれほどおいしくない。北京に到着した日の夕食に選手村の食堂を訪問してから1度も行っていない」と語っている。

   女子スピードスケートの金(キム)ボルムは「メニューを見たら家に帰りたくなる気持ちまで出てきた」と明かし、男子スケルトン代表の鄭昇基(チョン・スンギ)は「油があまりに多くて消化できない。肉類を避けると野菜や穀物類を主に食べるようになる」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中