2022年 5月 26日 (木)

韓国側が猛反発した北京五輪「韓服演出」 中国メディアは火消し?「緊急収束」報道に見た思惑

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年2月4日に行われた北京冬季五輪の開会式の演出をめぐり、韓国政界が反発している。韓国の伝統衣装、韓服(ハンボク)を来た女性が中国国旗を運ぶ演出が、「韓国の文化を奪っている」というのだ。

   こういった批判には鋭く反論することが多い中国メディアは、今回は抑制的だ。演出への批判は妥当ではないと指摘する韓国側の報道も紹介している。中国側としては、事態がエスカレートするのを避ける狙いもありそうだ。

  • 北京五輪の開会式では、朝鮮族を代表するとみられる女性がピンクと白の韓服姿で出演した場面が韓国で問題になった(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    北京五輪の開会式では、朝鮮族を代表するとみられる女性がピンクと白の韓服姿で出演した場面が韓国で問題になった(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 北京五輪の開会式では、朝鮮族を代表するとみられる女性がピンクと白の韓服姿で出演した場面が韓国で問題になった(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

文化体育観光相「両国間の良好な関係に誤解が生じる可能性」

   問題になったのは、中国国内の各民族が中国国旗を運ぶ場面。朝鮮族を代表するとみられる女性が、ピンクと白の韓服姿で出演した。

   これまでも韓国では、高句麗など朝鮮半島にあった国家を中国の一部だとみなしたり、韓服やキムチの起源が中国にあるかのように主張したりすることを「文化工程」と呼んで反発する動きがあった。このことを念頭に、与党「共に民主党」の大統領候補、李在明(イ・ジェミョン)氏はフェイスブックに

「文化を持っていかないで。文化工程反対」

と書き込み、演出に不快感を表明。保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏も演出を批判した。

   SBSテレビによると、開会式に出席した韓国の黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光相は、

「少数民族とは、その民族がひとつの国家に成長できなかった場合を主に指す」

として、韓国が単一国家として存在している以上、朝鮮族は少数民族には当たらないとの主張を展開。その上で、

「両国間の良好な関係に誤解が生じる可能性もある」

とした。外交的な抗議を行う必要は否定したが、必要であれば中国の政府関係者に会って韓国の国内世論について伝える必要があるとも説明したという。

   朝鮮日報によると、韓国国会の朴炳錫(パク・ビョンソク)議長は、栗戦書・全国人民代表大会常務委員長との会談で、「相互文化に対する理解と尊重が必要」だとして、韓国国内から出ている「議論と懸念について立場を表明した」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中