2022年 5月 24日 (火)

佐藤二朗「これ書き忘れたら一大事」 恐妻家ネタにファン反応「一番最後、、すごく大事ですw」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の佐藤二朗さん(52)の2022年2月7日のツイートについて、その「恐妻家ぶり」をイジる声がファンから上がっている。

  • 佐藤二朗さん(2016年撮影)
    佐藤二朗さん(2016年撮影)
  • 佐藤二朗さん(2016年撮影)

「妻に感謝 大事な言葉です」

   佐藤さんは、「子供の頃、野菜は『食べなきゃいけないもの』だった。が、今は『食べたいもの』。野菜のツマミが晩酌でもよく並ぶ」と、自身の晩酌事情を投稿。「以前ご一緒した松重豊さんが野菜サラダを凄く旨そうに食べてらしたのを見たのがキッカケかも。さすが井之頭五郎」と、変化のきっかけをつづりつつ、

「松重さんに感謝。野菜に感謝。妻に感謝(←これ書き忘れたら一大事)」

   と感謝の念をつづった。

   「井之頭五郎」といえば、俳優の松重豊さん(59)が演じる「孤独のグルメ」の主人公であり、佐藤さんは野菜好きになったきっかけたる松重さんへの感謝はもちろん、野菜そのもの、そして、妻への感謝もつづっているが、これに対して、「妻に感謝 大事な言葉です」「二朗さん(これ書き忘れたら・・・)ってそれは書かない方が」といった声が寄せられたのだ。

   というのも、佐藤さんといえば、テレビでたびたび明かす「恐妻家ぶり」がファンの間で好評を博しているからだ。

   2017年1月29日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では、自身がたびたび東京・高円寺の繁華街で酒を飲みすぎてしまい、妻から「高円寺禁止令」が出ていることを明かしたほか、同年11月21日放送の「チマタの噺」(テレビ東京系=放送終了)では、その禁を破っていたことがツイッター上で発覚し、帰宅するなり妻から雷を落とされたエピソードを明かしていたのだ。

   つまり、今回のツイートへのファンの反応は、このような背景があってのことを理解した上のもの。このため、

「一番最後、、すごく大事ですw」
「妻に感謝 の後の文章、いらないですよ 二朗さんやから許されるけど」

   といったリプライも寄せられている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中