2022年 5月 17日 (火)

羽生結弦まさかのSP8位も...思い出す5年前の大逆転劇 「リメンバーヘルシンキ」「信じてる」の声

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   北京五輪・フィギュアスケート男子ショートプログラムが2022年2月8日に行われ、羽生結弦選手は冒頭の4回転サルコーが1回転になったミスが響き、8位と出遅れた。

   五輪3連覇がかかる中でのアクシデントに、ツイッター上ではショックが広がった。一方、「リメンバーヘルシンキ」の合言葉とともに、ショート終了時点で大量点差をつけられながら逆転優勝した、5年前の世界選手権ヘルシンキ大会の再現を期待する声も聞かれている。

  • 羽生結弦選手(写真:AFP/アフロ)
    羽生結弦選手(写真:AFP/アフロ)
  • 羽生結弦選手(写真:AFP/アフロ)

他選手の穴にはまる「なんかちょっと嫌われたな」

   羽生選手は30人中21番目に登場。冒頭では、予定していた4回転サルコーが1回転になるアクシデントに見舞われた。その後の4回転トウループ―3回転トウループ、3回転アクセルは決めたものの、冒頭のミスが響き95.15点に終わった。演技を終え、リンクの状態を確認する場面もあった。

   その後、日本の宇野昌磨選手が105.90点、鍵山優真選手が108.12点と出色の滑りを見せる中、世界選手権3連覇中のネーサン・チェン選手(米国)が世界最高得点の113.97点を記録し、首位に立った。ショートを終えて羽生選手の順位は8位だった。

   羽生選手は滑走後のインタビューで、4回転サルコー挑戦時、他の選手が滑った際にできた穴にはまったと振り返った。「自分の中でミスはなかったなって思っている。皆さんよりも一番僕がフワフワしてると思う。なんかちょっと嫌われたなと思っています」と苦笑しつつ、「全体的には良い演技。コンディションはかなりいい。不運もあったけど氷との相性はいい。しっかり決め切りたい」と、4回転アクセルも期待される10日のフリースケーティングへ前を向いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中