海外記者を激怒させた韓国の「不手際会見」 通訳なしで内容伝わらず...自国メディアも失望露わ

   韓国オリンピック委員会を兼ねた大韓体育会は2022年2月8日、北京冬季五輪のメインメディアセンターで緊急会見を行った。会見には海外の記者も参加したが、通訳なしの韓国語のみで行われたため、複数の韓国メディアが大韓体育会の「不手際」を指摘した。

  • 韓国選手団の尹洪根団長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    韓国選手団の尹洪根団長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 中国選手に接触して転倒する韓国選手(写真:新華社/アフロ)
    中国選手に接触して転倒する韓国選手(写真:新華社/アフロ)
  • 韓国選手団の尹洪根団長(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 中国選手に接触して転倒する韓国選手(写真:新華社/アフロ)

ショートトラック判定巡り韓国猛抗議

   韓国メディア「聯合ニュース」によると、大韓体育会は会見で、7日に行われたショートトラック男子1000メートルで韓国代表の2選手が審判の偏見的な判定によって失格になったとして抗議し、今後の対応案などを明かした。

   7日の男子1000メートル準決勝で韓国代表の黄大憲(ファン・デホン)と李俊瑞(イ・ジュンソ)が別々の組でそれぞれ1位と2位でゴールしたが、レース後に失格の判定を受けた。これにより2人の中国選手が繰り上がって決勝に進出したため、大韓体育会は地元中国に有利な判定だったとして抗議した。

   韓国主要メディア「朝鮮日報」は、今回の抗議会見の過程を詳細に報じている。

   記者会見の開始20分前にメインメディアセンター内の英語放送を通じて日程がアナウンスされ、一部の海外の記者が関心を持って会見場を訪れたという。

姉妹サイト