2022年 5月 24日 (火)

北京五輪「失格連発」に韓国アスリート激怒 ショートトラック判定に「ただただ腹が立つ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   北京冬季五輪ショートトラックの判定を巡り韓国アスリートから怒りの声が上がっている。

   韓国メディア「OSEN」(WEB版)は2022年2月8日、北京冬季五輪ショートトラックで偏見的判定が議論される中で韓国のオリンピック選手たちも怒っていると伝え、オリンピアンの怒りの声を紹介した。

  • 金軟景選手(写真:ロイター/アフロ)
    金軟景選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 中国選手と接触し転倒する韓国選手(写真:新華社/アフロ)
    中国選手と接触し転倒する韓国選手(写真:新華社/アフロ)
  • 金軟景選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 中国選手と接触し転倒する韓国選手(写真:新華社/アフロ)

国民的スター選手の投稿に5万以上の「いいね」

   記事では、女子バレーボールの韓国代表として東京五輪に出場した国民的スターの金軟景(キム・ヨンギョン)が7日にツイッターに投稿した「また失格???!!!!わぁ、頭にきた!!!」とのコメントを伝えた。

   韓国女子バレーボール界の「女帝」として知られる金のツイートは9日16時時点で8万回以上リツイートされ、5万を超える「いいね」が付いている。

   金の他にもオリンピアンがSNSで怒りの声を上げており、「スポーツソウル」(日本語WEB版)はアーチェリーの五輪金メダリストたちのコメントを紹介している。

   東京五輪のアーチェリー競技で3冠を達成した安山(アン・サン)は「やりたいことを全部やってしまえ」と過激なメッセージを送り、男女混合で金メダルを獲得した金済徳(キム・ジェドク)はインスタグラムのストーリーに「非常に恥ずかしいことですね」などのコメントを投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中