「死者激増で死亡届が予約制に」はデマ 反ワクチン派が拡散、今治市が否定「全く根拠がない誤情報」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   愛媛県今治市は2022年2月9日、「今治市で死者が急増し死亡届が予約制となっている」との噂がネットで出回っているとして、「全く根拠がない誤った情報です」と否定した。

  • 今治市公式サイトより
    今治市公式サイトより
  • 今治市公式サイトより

「全く根拠がない誤った情報です」

   今治市は2022年2月9日、公式ツイッターに以下のように投稿した。

「Twitter等で『愛媛県今治市で死者が急増、市役所での死亡届が予約制となっている』と流れておりますが、これは全く根拠がない誤った情報です。死亡届の提出に予約は必要ありません」

   発端となったのは、7日に一般ユーザーが投稿したツイートとみられる。

   母親が亡くなり今治市役所へ死亡届を出しに行ったところ、「只今死亡者が激増していて予約制になっております」と伝えられた、などとする内容だ。投稿では、

「ホントにヤバいですよ!」
「死亡の原因や死亡者数は守秘義務とかで言えないと言ってましたが、これは異常だと思います!」

とも呟いていた。このユーザーは、新型コロナウイルスのワクチン接種に反対するような主張を繰り返していた。

   10日11時現在、このユーザーのアカウントは削除されている。

姉妹サイト