2022年 5月 27日 (金)

「ドーピング疑惑」報道のワリエワ、地元メディアは悲観 「金メダルをまだ拒否されている」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   英五輪専門メディア「インサイド・ザ・ゲームズ」は2022年2月9日、8日に予定されていたフィギュアスケート団体のメダル授与式が急きょ延期されたのはカミラ・ワリエワ(15)=ROC(ロシア・オリンピック委員会)=が北京五輪前に行った薬物検査が原因に含まれると報じた。

  • ワリエワ選手(写真:新華社/アフロ)
    ワリエワ選手(写真:新華社/アフロ)
  • ワリエワ選手(写真:新華社/アフロ)

18歳未満違反者は原則情報開示なし

   記事ではワリエワは世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の規則により保護されていると指摘。WADAの規則では18歳未満のアスリートの違反については原則、氏名と決定文の公開をしておらず、15歳のワリエワはこれに該当するとみられる。

   一方、ワリエワのドーピング疑惑に関して地元ロシアメディアは速報で報じており、複数のメディアは検出された禁止薬物が心臓の病気などの治療に使用される「トリメタジジン」の可能性であることを伝えた。

   ロシアの有力メディア「RBC」(WEB版)は、ワリエワにドーピングスキャンダルがあったため「団体戦の金メダルを獲得することをまだ拒否されている」などと悲観的に報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中