2022年 5月 17日 (火)

今年は「背徳グルメ」業界席巻?各社が関連商品投入 健康志向の高まりも...注目は罪深い「マヌルパン」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   

   高カロリーや油脂分の多さなどを特徴に、食べるのを躊躇するような「背徳グルメ」が飲食・食品業界を賑わせている。

   2021年はたっぷりの生クリームを使ったスイーツ「マリトッツォ」が流行。今年はニンニクを効かせた韓国発祥の「マヌルパン」が脚光を浴びている。「背徳グルメ」に注目が集まる理由を専門家に聞いた。

  • 背徳グルメとして注目を集める「マヌルパン」(画像はイメージ)
    背徳グルメとして注目を集める「マヌルパン」(画像はイメージ)
  • ナチュラルローソンで販売されている「罪深いマヌルパン」(右)と「大麦パン 罪のないマヌルパン」(左)。「ガーリック感」の強さと糖質量に違いがある
    ナチュラルローソンで販売されている「罪深いマヌルパン」(右)と「大麦パン 罪のないマヌルパン」(左)。「ガーリック感」の強さと糖質量に違いがある
  • 背徳グルメとして注目を集める「マヌルパン」(画像はイメージ)
  • ナチュラルローソンで販売されている「罪深いマヌルパン」(右)と「大麦パン 罪のないマヌルパン」(左)。「ガーリック感」の強さと糖質量に違いがある

「背徳めし」レシピ本も登場

   居酒屋チェーン「はなの舞」は白子、あん肝、イクラなどを載せて食べる「痛風極み小丼」を1月14日に発売した。運営会社のチムニー(東京都墨田区)の商品開発担当者は1月27日、取材に「『背徳感』を感じるような商品がトレンドになっていたこともあり、インパクトの強い商品名を採用しました」と話す。

   「背徳」という言葉が、飲食・食品業界を席巻している。昨年3月にはSNSで人気の料理家・リュウジさんがレシピ本『バズレシピ 真夜中の背徳めし』(扶桑社)を出版。即席麺大手のエースコック(大阪府吹田市)は昨年12月にカップ麺「スーパーカップ大盛り 背徳感MAX ブタキム油そば」を発売した。

   背徳グルメの象徴が、パンにたっぷりの生クリームを挟んだイタリア発祥のスイーツ「マリトッツォ」だ。20年に福岡市のベーカリー「アマムダコタン」が販売を始めると、メディアに取り上げられ、注目が集まった。昨年は大手コンビニで販売が相次ぎ、同年のユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中