2022年 5月 29日 (日)

「猫嫌い」の店主が「たくさんの猫を救いたい」と思うまで ジオラマ食堂、保護猫が取り戻した活気

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「この電車に乗りたい猫好きの方はいますか?」という文言で紹介された動画が、ツイッターで注目を集めている。山間部を走り抜けたジオラマ鉄道の行き先を、巨大な猫が遮ってくるのだ。

   この動画は、保護猫と触れ合いながら定食とジオラマを楽しめる施設・ジオラマ食堂(大阪市)で撮影された。なぜこのようなユニークな組み合わせの店を運営するようになったのか。J-CASTニュースは2022年2月15日、店主の寺岡直希さんに取材した。

  • 。山間部を走り抜けたジオラマ鉄道の行き先を、巨大な猫が遮る
    。山間部を走り抜けたジオラマ鉄道の行き先を、巨大な猫が遮る
  • ジオラマと猫
    ジオラマと猫
  • ジオラマ食堂は「いまでは猫たちに壊されては再生させることも日課となり、常に状況が変化するジオラマになりました」と前向き
    ジオラマ食堂は「いまでは猫たちに壊されては再生させることも日課となり、常に状況が変化するジオラマになりました」と前向き
  • もともと猫のいない飲食店だった
    もともと猫のいない飲食店だった
  • 。ジオラマは猫がケガをしないよう、素材を変えるなど工夫をしている
    。ジオラマは猫がケガをしないよう、素材を変えるなど工夫をしている
  • 。山間部を走り抜けたジオラマ鉄道の行き先を、巨大な猫が遮る
  • ジオラマと猫
  • ジオラマ食堂は「いまでは猫たちに壊されては再生させることも日課となり、常に状況が変化するジオラマになりました」と前向き
  • もともと猫のいない飲食店だった
  • 。ジオラマは猫がケガをしないよう、素材を変えるなど工夫をしている

店を開いたきっかけは「妹の遺言」

   ジオラマ食堂は、もともと猫のいない飲食店だった。2005年にラーメン屋「てつどうラーメン」として開業し、その後は鉄道カフェになるなど各所で業態や名前を変えながら、ジオラマ展示を行う飲食店として運営してきた。取材に対し店主の寺岡さんは、店を開いたきっかけは「妹の遺言でした」として、こう説明する。

   大病を患った寺岡さんの妹は、子供が喜ぶような仕事をしてみないかと提案したという。この言葉を受け、寺岡さんは子供が喜ぶようなジオラマを併設した飲食店や、学童保育の運営を始めた。

   しかし経営がようやく落ち着いてきた2020年、コロナ禍に見舞われた。コロナ禍の直前には1日70人超の子供たちが訪れていたが、外出自粛などの影響で10人くらいまでに減ったという。経営が苦しくなり、困っていた時期に出会ったのが「猫」だった。

   20年6月上旬、寺岡さんが運営する学童保育の保育士が瀕死の子猫を連れてきた。寺岡さんは猫が苦手だったが、娘が育てると意気込んだため保護することになった。懸命な救助活動を受け、元気になった子猫は「シンバ」と名付けられた。シンバはジオラマ食堂の一角で大きな声を上げて鳴くようになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中