2024年 3月 2日 (土)

ワリエワ出場で「解説ボイコット」相次ぐ 演技中に抗議の沈黙...米韓テレビで異例中継

   韓国放送局の解説委員がドーピング騒動の渦中にあるフィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ROC、15)に対して「沈黙解説」で抗議の意を表したと、複数の韓国メディアが伝えた。

  • ワリエワ選手(写真:L’EQUIPE/アフロ)
    ワリエワ選手(写真:L’EQUIPE/アフロ)
  • リピンスキーさん(写真:Shutterstock/アフロ)
    リピンスキーさん(写真:Shutterstock/アフロ)
  • ワリエワ選手(写真:L’EQUIPE/アフロ)
  • リピンスキーさん(写真:Shutterstock/アフロ)

沈黙を守ることで抗議の意を表した

   フィギアスケート女子シングルスのショートプログラム(SP)が2022年2月15日に行われ、ワリエワが82.16をマークし首位に立った。ワリエワはドーピング違反が発覚したもののスポーツ仲裁裁判所(CAS)から今大会の出場が認められ、選手、関係者から批判的な声が上がった。

   同日の韓国メディアによると、韓国放送局のKBS、SBS、MBCがそれぞれ女子シングルスSPの中継を行ったが、KBSとSBSの解説委員はワリエワのプログラムを通じて沈黙を貫いた。MBCの解説委員は技術の簡単な説明だけを行い、ワリエワの出場が公正ではないと指摘した。

   「国民日報」(WEB版)は、「『ドーピング』ワリエワ演技...『沈黙』中継ボイコット地上波」とのタイトルで記事を公開し、地上波3社がドーピング論議に包まれたワリエワの女子シングル競技を中継しながら沈黙を守ることで抗議の意を表したと伝えた。

   「中央日報」(WEB版)はSBSとKBSの中継で解説を務めたそれぞれの解説委員のコメントを紹介している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中