2022年 5月 24日 (火)

ワリエワは「歓迎されない金メダル」に挑戦...韓国メディア辛辣 「死んだオリンピック」と批判も

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ドーピング騒動の渦中にいるフィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ROC、15)を韓国メディアが痛烈に批判している。

   ワリエワはドーピング違反が発覚したもののスポーツ仲裁裁判所(CAS)から今大会の出場が認められ、15日に行われた女子シングルス・ショートプログラム(SP)で82.16点をマークして首位スタート。17日に行われるフリーの優勝候補となっている。

  • ワリエワ選手(写真:ロイター/アフロ)
    ワリエワ選手(写真:ロイター/アフロ)
  • キム・ヨナ氏のインスタグラムより
    キム・ヨナ氏のインスタグラムより
  • ワリエワ選手(写真:ロイター/アフロ)
  • キム・ヨナ氏のインスタグラムより

キム・ヨナ氏はインスタで批判

   韓国メディア「NEWSIS」(WEB版)は「ワリエワ『歓迎されない』金メダルに挑戦する」などのタイトルで記事を公開。17日のフリーはドーピング問題で波紋を広げたワリエワが出場するので世界の視線が集中するだろうとし、その視線は依然として冷たいと指摘した。

   そしてワリエワは今大会で最も輝くスターのひとりに挙げられていたが、ドーピングスキャンダルによって堕落したとしている。

   「朝鮮日報」(WEB版)は、米メディアの報道などを引用してワリエワのドーピング騒動を解説。スポーツ仲裁裁判所(CAS)の公聴会でワリエワ側が心疾患のある祖父と同じグラスを使用したため禁止薬物が混入したと主張したことを「卑劣な言い訳」と非難した。

   韓国では10年バンクーバー五輪金メダリストの金妍児(キム・ヨナ)氏が14日にインスタグラムに「ドーピング違反をした競技者は試合に出場することが出来ない」などと投稿し、国内では多数のフィギュア選手が同調している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中