2022年 5月 25日 (水)

女子フィギュア・濱田コーチの愛ある「頬叩き」が韓国で話題 選手「一瞬で緊張が解けた」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   北京冬季五輪女子フィギアスケート韓国代表選手への日本人コーチの対応が韓国で話題を呼んでいると、複数の韓国メディアが2022年2月16日に報じた。

   フィギュアスケート女子シングルス・ショートプログラム(SP)が15日に行われ、韓国代表のホープ劉永(ユ・ヨン、17)が70.34で6位に付けた。

  • 劉永選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    劉永選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 試合後の劉選手と濱田コーチ(写真:新華社/アフロ)
    試合後の劉選手と濱田コーチ(写真:新華社/アフロ)
  • 劉永選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 試合後の劉選手と濱田コーチ(写真:新華社/アフロ)

頬を叩かれ「一瞬で緊張が解けた」

   話題となったのは、演技直前に劉のコーチを務める濱田美栄氏と劉のやりとりだ。濱田コーチは劉の頬を両手で挟み3度叩いてリンクに送り出した。

   韓国主要メディア「朝鮮日報」は、劉が試合に出る前、コーチの珍しい励ましが視聴者たちの注目を集めたと伝えた。

   記事では劉は五輪初出場で緊張した面持ちだったが、劉がリンクに出る前に濱田コーチが彼女の頬を3回たたき、硬い表情だった劉は笑顔を見せ、大きなミスなく演技を終えたと指摘している。

   同メディアによると、劉は試合後に濱田コーチが頬を叩いた理由を明かしている。

   試合前に劉の母親が濱田コーチと連絡を取り、試合本番で劉が緊張して落ち着きがなかったら頬を叩いてほしいと願い出た。濱田コーチは頬を叩く際にそのことを劉に伝えたという。頬を叩かれた劉は「一瞬で緊張が解けた」と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中