2022年 5月 18日 (水)

「カムカム」五十嵐は無事だった! 前話「意味深ラスト」に心配も...安堵の声広がる

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   2022年2月21日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で、俳優の本郷奏多さん(31)演じる五十嵐文四郎が無事だったことに、視聴者から安堵の声が上がっている。

  • 本郷奏多さん(2017年撮影)
    本郷奏多さん(2017年撮影)
  • 「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターから
    「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターから
  • 本郷奏多さん(2017年撮影)
  • 「カムカムエヴリバディ」公式ツイッターから

何事もなかったかのようにムクリと起き上がってスタジオに入った五十嵐

   番組冒頭、条映太秦映画村にアルバイトとして勤務する3代目ヒロインの大月ひなた(川栄李奈さん=26)の目の前で、時代劇の衣装のまま突如として「ぶっ倒れた」五十嵐。あたふたしつつ駆け寄ったひなたから大声をかけられてもピクリともしなかったが、控室に入って来た撮影所のスタッフから声をかけられると、何事もなかったかのようにムクリと起き上がってスタジオに入った。

   そして、その日の撮影で五十嵐が挑んだのは......「死体役」だった。そう、五十嵐はひなたの目の前で死体役の予行演習を行っていたのだ。

   こうした展開に、ツイッター上には「五十嵐、アレ死体役の練習やったんか。いろいろ想像して楽しかったけど、めっちゃ納得やった」など、安堵する声が続々と上がる事態に。

   というのも、前回となる18日の放送のラストでは、今回の冒頭の場面につながる形で、五十嵐がひなたの目の前で、突如としてソファーから崩れ落ちて意識を失ったかのように見えるシーンが放送されていたからだ。

   前回のこのシーンに対しては、「五十嵐は極度の空腹なのね。お金無いから回転焼きも一つしか買えない、だから買うときはできあがったばかりのものが食べたいのね」といった、空腹が原因で倒れたのではないかと指摘する声や、はたまた、何らかの病気を疑う声も上がっていたが、21日の放送で正解が示された形だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中