2022年 5月 23日 (月)

創業150年超、神戸「菊水総本店」閉店へ 銘菓「瓦せんべい」を販売...地元から惜しむ声相次ぐ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   150年以上の歴史を持つ神戸市の老舗菓子店「菊水総本店」が、2022年3月21日をもって閉店する。店の公式サイトで2月21日に発表された。

   神戸ゆかりの武将・楠木正成の勇姿を焼き入れた「瓦せんべい」などで知られる。長く愛された老舗の閉店に、インターネット上では惜しむ声が相次いでいる。

  • 菊水総本店公式サイトより
    菊水総本店公式サイトより
  • 菊水総本店公式サイトより
    菊水総本店公式サイトより
  • 菊水総本店公式サイトより
  • 菊水総本店公式サイトより

「幼い頃の想い出の場所がなくなるなんて、、」

   創業は明治元年(1868年)。現在の湊川神社正門前に「お茶飲処、お饅頭屋」として開業し、150年以上にわたって地域に根付く老舗となった。

   看板商品である瓦せんべいだけでなく、長く販売を停止していたかつての主力商品を復活させたという「楠公餅(なんこうもち)」や、夏季限定のかき氷など多くの人気商品で愛されてきた。

   菊水総本店は発表で、閉店の理由について以下のように伝えている。

「設備全般などの老朽化に伴い3月21日(月)を もちまして当店は閉店させて頂くこととなりました。明治元年創業以来150余年にわたり賜わりましたご厚情に感謝し厚く御礼申し上げます」

   オンラインショップでの通販は2月21日で終了しているが、電話やFAXでの注文は3月上旬まで受け付けるという。

   SNS上では、地域で愛された老舗の閉店を惜しむ声が相次いでいる。

「楠公さん前の看板店がなくなるんですか。神戸銘菓の瓦煎餅がなくなるのはさびしい限りです。どうあがいても神戸駅北側は益々寂れていきますね」
「あの震災も乗り越えてきた老舗がまたひとつ こういう老舗を何とか救済できる手立てはないのでしょうか 寂しすぎます」
「この前旦那さんとお茶したばっかなのに・・・。夏はかき氷食べようねって言ってたとこなのに 最近潰れる店ばかりで寂しい」
「幼い頃の想い出の場所がなくなるなんて、、悲しすぎます。どうにかならないのでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中