2022年 5月 23日 (月)

カムカム、ひなたと五十嵐の距離が縮まり始めて視聴者ニッコリ 「挨拶とお礼が言えてて感動!」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   2022年2月24日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」について、「だんだん五十嵐がひなたに懐いてくる感じがめちゃくちゃかわよい」といった声が視聴者から上がっている。

   この日の放送では、3代目ヒロインの大月ひなたを演じる俳優の川栄李奈さん(26)と、本郷奏多さん(31)演じる駆け出しの時代劇俳優の五十嵐文四郎の距離が縮まっていく演出があり、それに対して視聴者から歓声が上がった。

  • 川栄李奈さん(2018年撮影)
    川栄李奈さん(2018年撮影)
  • 川栄李奈さん(2018年撮影)

「頑張り! 応援してるから」

   22日の放送で登場した謎の振付師「サンタ黒須」(濱田岳さん=33)から劇中映画「妖術七変化 隠れ里の決闘」のリバイバル上映のチケット2枚を受け取ったひなた。当初誘おうと思っていた親友の野田一恵(三浦透子さん=25)からは断られるも、オーディションに備えて殺陣の勉強をしたいがゆえに土下座してまでチケットを欲しがった五十嵐に根負けし、一緒に見に行くことになった。

   映画館では当然(?)、2人は隣り合って着席。金がないのか五十嵐は1つだけポップコーンを買うと、それをひなたに手渡した。映画が始まると時代劇好きの2人は初代桃山剣之介(尾上菊之助さん=44)と伴虚無蔵(松重豊さん=59)の見事な殺陣に魅了されたのだった。

   映画鑑賞が終わり、帰宅するひなたを送るべく一緒に街を歩く五十嵐。大月家に到着し、五十嵐はその場を去ろうとするも空腹で地面に突っ伏してしまう。そこで、急遽、大月家では五十嵐を交えての夕食が始まった。夕食が終わり、五十嵐が帰ろうとすると、ひなたはその日の売れ残りの回転焼きを袋詰めで手渡した。

   これに対し、五十嵐は「ありがとう、映画も」と、回転焼きと映画のチケットの両方に感謝。しかし、「あれ(殺陣)、出来るようになるのかな」と、迫りくるオーディションへの不安を吐露したのだった。これに対してひなたが「受ける前からビビッてどうすんの? 頑張り! 応援してるから」と励ますと、五十嵐は「うん、お休み」と、その場を後にしたのだった。

   このシーンに対し、ツイッターでは「おやすみと素直にひなたに言うようになってるので微笑ましいです」といった声が続々。というのも、五十嵐は初登場のシーンではひなたに舌打ちを放ったほか、映画の撮影所では常につっけんどんな態度でひなたに接するなどしていたが、24日の放送ではひなたへの感謝の言葉が口から飛び出していたからだ。このため、

「ちゃんと挨拶とお礼が言えてておばちゃん感動......!」
「私調べでは異性に『おやすみ』っていうのはそれは好きってことです!」

といった声も上がるなどしている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中