2022年 5月 18日 (水)

牛丼値上げの波、コンビニにも セブン「牛めし特盛」594円→702円に...原材料高響く

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ミートショック」と呼ばれる牛肉価格の高騰を受け、昨年秋~冬に大手牛丼3チェーンが行った牛丼メニューの値上げ。その波はコンビニにも押し寄せている。

   大手チェーンのセブンイレブンが、「熟成つゆが決め手 特製牛めし」など牛丼4商品を最大100円以上値上げしていたことが分かった。

  • セブンイレブンが「特製牛めし」など値上げ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    セブンイレブンが「特製牛めし」など値上げ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • セブンイレブンの「熟成つゆが決め手 特製牛めし」
    セブンイレブンの「熟成つゆが決め手 特製牛めし」
  • セブンイレブンが「特製牛めし」など値上げ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • セブンイレブンの「熟成つゆが決め手 特製牛めし」

ごはん・具材量に変更なし

   セブンイレブンは2022年1月中旬から「熟成つゆが決め手 特製牛めし」(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、中国、四国、九州)と、沖縄で販売されている同名の商品、近畿で販売されている「コク旨特製牛丼」を429円(以下、税込み)から496円に値上げした。また、「特製牛めし 特盛」(福島県、関東、甲信越、北陸、東海、中国、四国で販売)は594円から702円と、100円以上の値上げ幅となった。

   いずれも牛肉の価格高騰を受けたもので、ごはんと具材の量に変更はない。

   牛丼の価格をめぐっては、松屋が9月28日に「牛めし並」を320円から380円に、吉野家が10月29日に「牛丼並盛」を387円から426円に、すき家が「牛丼並盛」を350円から400円に値上げしている。なお、各メニューの「特盛」の価格は松屋が650円、吉野家が778円、すき家が700円となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中