2024年 6月 17日 (月)

北朝鮮がW杯「不正抽選」依頼? 元イングランド代表監督「犯罪だと何度も拒否した」...韓国報道

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   サッカーの元イングランド代表監督スヴェン・ゴラン・エリクソン氏(74)が、北朝鮮から2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の組み合わせ抽選の操作を持ちかけられたことを暴露したと、2022年2月24日までに複数の韓国メディアが伝えた。

  • エリクソン氏(写真:AP/アフロ)
    エリクソン氏(写真:AP/アフロ)
  • エリクソン氏(写真:AP/アフロ)

北朝鮮官僚「我々を助けてほしい」

   複数の韓国メディアによると、エリクソン氏は英メディア「BBCラジオ」に出演し、「最も奇妙なスポーツ犯罪」というコーナーの中で南アフリカ大会が行われる前に北朝鮮を訪問した際の衝撃エピソードを告白した。

   当時、イングランドのノッツ・カウンティFCでディレクターを務めていたエリクソン氏は、北朝鮮の招待で平壌(ピョンヤン)を訪問。招待された表向きの理由は、北朝鮮の鉱物埋蔵量を調査した後、外国と共同採掘する事業に対して議論するというものだったという。

   訪朝中に北朝鮮の官僚から「我々を助けてほしい」と懇願され、サッカーボールやシューズなどの用具支援の申し出だと思ったエリクソン氏は快諾。ところが官僚は「(W杯の組み合わせ)抽選に関与してほしい」と持ち掛けたという。

   エリクソン氏が当時、国際サッカー連盟(FIFA)サッカー委員会に所属していたことから北朝鮮が組み合わせ抽選の不正操作を依頼したとみられる。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中