2022年 5月 28日 (土)

ウクライナ軍・ロシア軍機の模型「あるけど貸しません」 侵攻当日、メーカーがマスコミに通告した理由

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロシアのウクライナ侵攻が始まり、どんな戦闘機が使われているか模型で紹介――テレビ局などがこんな企画で模型メーカーに依頼するかは分からないが、あるメーカーの「事前通告」が話題になっている。

   横浜市内のメーカー「インターアライド」は、マスコミが模型の完成品を求めてきた場合について、「有るけど貸しません」と公式ツイッターで明かした。どんな事情があるのだろうか。

  • インターアライドの公式サイトから
    インターアライドの公式サイトから
  • インターアライドのツイッター(@00interallied)から
    インターアライドのツイッター(@00interallied)から
  • インターアライドの公式サイトから
  • インターアライドのツイッター(@00interallied)から

「戦争のときはこれまでに貸したことはない」

   インターアライドでは、ロシアやウクライナが使うような戦闘機や戦車などの模型も扱っている。

   テレビや新聞などでどんな戦闘機が使われているのか紹介することが増えてきそうだが、同社は2022年2月24日、公式ツイッターでこう告げた。

「報道関連の方々へ。弊社には、貸出可能なウクライナ軍及びロシア連邦軍に関する完成品等は一切ございませんのでご了承ください」

   続けて、次のように貸し出すことへの本音も明かした。

「ぶっちゃけ 有るけど貸しません」

   最初の投稿は、1000件以上リツイートされており、その理由について、様々な推測もされている。マスコミに貸すと、壊されていたり返さなかったりしてマナーが悪いのではないか、などだ。

   一体どんな事情があって貸さないのだろうか。

   ツイートを担当したインターアライドの営業部担当者は25日、J-CASTニュースの取材にこんな理由を明かした。

「戦争が発生して、死傷者がいる状況の中で、必ずしも報道の姿勢が中立かどうかもこちらでは分かりません。どういった状況でうちの模型を使って紹介されるか分からないので、戦争のときはこれまでに貸したことはないですね」

   飛行機が墜落したなどの事件・事故のときも、次のような理由で模型をマスコミには貸さないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中