2022年 5月 28日 (土)

アイドル生活「10年の集大成」 HKT卒業の田島芽瑠が「オンライン演劇」にかける思い【インタビュー】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   コロナ禍でエンタメ業界の活動が2年以上にわたって制約される中、新たなジャンルとして発展しつつあるのが、Zoomなどを活用した「オンライン演劇」だ。田島芽瑠(たしま・める)さん(22)は、福岡市を拠点にするHKT48の現役メンバーとして活躍しながら、長編作品に出演したり、演出担当として作品に携わったりしてきた。

   田島さんは2022年2月28日に初演を迎える「私たちに明日はある」に主演。1月にグループからの卒業を発表したばかりで、作品を「皆さんと一緒に築き上げたこの10年の集大成」と位置づける。スクールソーシャルワーカーとして生徒と向き合う「吉川あすな」を演じ、感情がコップからあふれ出るような「コップギリギリの状態」になるシーンも多い。

   あすなのキャラクターは田島さんとは「正反対」というが、紆余(うよ)曲折あった自分のアイドル人生を重ねると「分かる部分もあるし、分からない部分もある」。オンライン演劇の可能性や作品への意気込みを田島さんに聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • オンライン演劇「私たちに明日はある」に主演するHKT48の田島芽瑠さん。Zoomでインタビューに応じた
    オンライン演劇「私たちに明日はある」に主演するHKT48の田島芽瑠さん。Zoomでインタビューに応じた
  • オンライン演劇「私たちに明日はある」に主演するHKT48の田島芽瑠さん。Zoomでインタビューに応じた

3人の「元カノ」が集まって起こる「化学反応」に注目

―― 田島さんが今回主演する「私たちに明日はある」は前編4話、後編5話の計9話で構成される連続ドラマ形式です。同じ男性(鳥飼友次郎)に恋をした3人の「元カノ」を中心に展開するストーリーだと聞いています。「ネタバレ」にならない範囲で、大まかなあらすじや、「特にここに注目して見てほしい」という点があれば教えてください。

田島: 今回の物語は、みんな何かに悩んでいたり、何かつまずくことがあったりして「普通の人がいない」というのが、すごく面白いと思うポイントです。そんな人たちが集まることで、登場人物1人1人がどんどん成長している姿を、前編・後編を通して見せることができると思います。あすな、明日花、ミーコの3人の「元カノ」が集まりますが、本当に3人とも全然タイプが違って、その3人が集まることで起こる化学反応が、すごく面白いと感じています。

―― 発表によると、前編は「コミカルでポップな傍ら、ほろ苦いラブストーリーの要素もある会話劇」です。

田島: 前編は1話ごとに、スポットライトが当たる子が変わっていきます。「この子もこういうことがあって、こういう考え方になったんだな」と、その子をすごく知ることができるので、どんどん愛おしい存在になっていきます。確かにコミカルにというかポップに、でも(登場人物について)いろんなことを伝えていく構成です。

   ―― 後編は「主要人物にまつわる謎を解き明かしていくミステリーテイストな内容で展開」。作品全体を通して、「第何話が山」といったことはありますか。

田島: 「山」は、たくさんあると感じています。(物語が)ジェットコースターのような感じで繰り広げられていくので、見ている方は驚くかもしれません。いろいろなジャンルにも挑戦しています。ミュージカルや、大きく心を動かされるシーン、3人のほのぼのしたシーンがあったりして、いろいろな要素の詰め合わせになっています。前編では第4話でしょうか。ふと立ち止まっちゃうというか、プツンと糸が切れちゃうというか、(感情がコップからあふれ出るような)コップギリギリの状態になるシーンが結構あります。第4話、第5話、第7話あたりで、そのコップギリギリの状態の人を説得したり、自分がコップギリギリになったり、結構「体力」を使うシーンがあります。「心に絆創膏を貼る」ようなシーンが結構あるので、見ている方に寄り添えるようなシーンになったらいいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中