2022年 5月 17日 (火)

「手足の本数3対1だからね」 二刀流パラアスリート×手足3本失った男...友達2人が語り合う本音

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   20歳の時に事故で手足を3本失った山田千紘さんは、東京パラリンピック陸上日本代表で北京パラリンピックにもスノーボード日本代表で出場する「夏冬二刀流パラアスリート」小須田潤太選手と、約10年来の友人同士だ。山田さんと同じ時期に小須田選手も事故で右足を失い、同じ病院に入院したことで出会った。今や、まったく別々の場で注目を集め、活躍する2人。10年を経てお互いに何を思うのか、どんな変化を感じているか。北京パラリンピック開幕を前に、「ただの友達です(笑)」という小須田選手と山田さんが、本音で対談した。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 山田千紘さん(左)と小須田潤太さん
    山田千紘さん(左)と小須田潤太さん
  • 山田千紘さん(左)と小須田潤太さん

「なんだこの生意気そうなやつは(笑)」

   ――2人はどうやって出会ったのでしょうか?

   山田千紘: 僕は約10年前の2012年に事故に遭って、手足を3本切断しました。最初の病院に入院した2か月後くらいに、埼玉の国立障害者リハビリテーションセンターに転院したら、先にこす君がいました。どれくらい違うんでしたっけ?

   小須田潤太: 俺が入院したのは10月ごろ。

   山田: 俺も10月。じゃあ本当に同じタイミングだ。年齢も1歳しか違わなくて、こす君も右足を切断していて、近いものを感じたので仲良くなっていった感じです。

   ――すぐに仲良くなったんですか?

   山田: 第一印象、言ってみますか。

   小須田: 俺にとっての山田の第一印象は...病院にいる時の山田はそれくらいしか覚えてないんですけど、病院に義足を制作する部屋があって、俺が行ったら車いすに押されながら入ってくる若者がいて、「なんだこの生意気そうなやつは(笑)」と思ったのが山田でした。ずっとグチグチ文句を言ってたんですよ。

   山田: 間違いない! 恐縮です。自分にとって、こす君はまずシンプルに「イケメンだ!」って思いました。黙々と歩く練習をしてましたね。こす君のほうが1歳上だけど、当時から考え方もしっかりしてるなあって思ってましたよ。

   小須田: 最初はどうやって出会ったんだろうね。たぶん山田から話しかけてきてると思う。俺、結構人見知りなので。自分からあんまり話しかけにいかない。

   山田: 自分、ズカズカ行くんで。同じタイミングで入院して年も近かったのって、この2人だけだったよね。だから勝手に意識して、自然に話したんだと思います。

   小須田: 入院中は同じような生活サイクルで、体育館で一緒に体を動かしたり、風呂も一緒に入ったりしたよね。必然的に仲良くなりました。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中