2022年 5月 22日 (日)

アイドルに運営ブチギレ「社会的制裁を受けて頂きます」 ファンと私的交流で契約解除「言語道断」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アイドルユニット「負け犬とクズ」の所属事務所代表が2022年2月27日、公式ツイッターで、メンバーの桃胡姫(みるき)ゆうなさんについて「ファンと私的交流」したとして契約解除したと発表した。

  • 「負け犬とクズ」のツイッター(@losingdogwaste)2月26日の投稿より
    「負け犬とクズ」のツイッター(@losingdogwaste)2月26日の投稿より
  • 桃胡姫ゆうなさんのツイッター(@yu_na_miruki_)より
    桃胡姫ゆうなさんのツイッター(@yu_na_miruki_)より
  • 「負け犬とクズ」のツイッター(@losingdogwaste)2月26日の投稿より
  • 桃胡姫ゆうなさんのツイッター(@yu_na_miruki_)より

「本当のクズになってもらいたくは無い」

   文書によると、桃胡姫さんがファンと私的交流していたことが発覚し、本人と当該ファンに20日、確認したところ認めたため、27日付でマネジメント契約を解除した。

   桃胡姫さんは過去にも、他のアイドルグループファンとLINE交換をするなどの私的交流が発覚したことがあったといい、発表では「以後このようなことが無いようにと、注意としておりましたが、タレント・アイドル業として意識の欠乏、全く反省する事がなく今回の件に至り、彼女の行動には言語道断であります」(原文ママ)としている。

   私的交流していたファンについて「他のファン方に私的に繋がってる事を話す、桃胡姫ゆうなが辞める日を本人から聞き、それを他のファンの方に拡散するなど、弊社の業務を妨害するような事をしておりました」とし、訴訟の準備をしているという。「ファンの皆様に嫌な思いをさせてしまった事も遺憾であります。所属タレント・負け犬とクズメンバーにも精神的な苦痛も与えた事も断じて許すことは出来ませんので、社会的制裁を受けて頂きます」などの厳しくコメントしている。

   桃胡姫さん本人とは「今後いかなる処分も受ける」ことで合意書を作成。「メンバーの気持ちを考えると許すことは出来ませんが 書面を交わした事で現在は合意とさせていただきました」という。合意内容に不履行があれば「弁護士に相談し対処いたします」としている。

   「グループの名前は負け犬とクズと言う名前ではあります」とした上で、桃胡姫さんに対し「彼女自身が今後、本当のクズになってもらいたくは無いので これを機に反省をしていただき 社会人として、また常識のある人として成長して貰えたらと思います」とメッセージ。事務所は今後、マネジメント体制を整えていくとし「ファンの皆様には、このようなご報告となりまして 誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中