2022年 5月 28日 (土)

これで二度目...少女漫画の「盗用被害」発覚、編集部が抗議 「より強い対応をとっていかざるを得ない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   漫画家のマネジメントやプロデュースを手掛けるスピカワークス(新宿区)は2022年2月28日、契約作家の作品の盗用被害について声明を発表した。

  • 漫画「ゆびさきと恋々」/「デザート」公式サイトより
    漫画「ゆびさきと恋々」/「デザート」公式サイトより
  • スピカワークス公式ツイッターより
    スピカワークス公式ツイッターより
  • スピカワークス公式ツイッターより
    スピカワークス公式ツイッターより
  • 漫画「ゆびさきと恋々」/「デザート」公式サイトより
  • スピカワークス公式ツイッターより
  • スピカワークス公式ツイッターより

被害を受けた作家「気持ちを切り替えてがんばりたい」

   発表によれば、同社がマネジメントを手掛ける漫画家ユニット「森下suu」の作品が第三者に無断で盗用されていたという。

   森下suuが講談社の少女漫画誌「デザート」で連載している漫画「ゆびさきと恋々」や、SNSに投稿したイラストについて、無関係の第三者が無断で絵の盗用を多数行い、自らの作品として配信していた。当該人物は、スピカワークスとデザート編集部が弁護士を通じて抗議を行った結果、盗用を認め謝罪したという。

   森下suuの漫画をめぐっては昨年にも同様の被害があった。WEBコミック誌「クロフネ」が、LINEマンガ上で連載していた漫画「推しのアイドルはファンサ下手」のなかで、森下suuの絵柄のトレースや模倣などが多数行われていた。同作の作者・神崎まるさんは21年9月、模倣行為を認め、漫画の配信を停止し謝罪した。

   スピカワークスは今回の発表で、「わずか半年で再び同じようなことが起き、大変ショックを受けております」とし、今後の対応については次のように述べた。

「今後も同様のことが起きるのであれば、漫画家の先生方に寄り添うことを方針とする弊社としては、漫画家さんの権利と1本1本の線に込められた想いを守るため、より強い対応を取っていかざるを得ません。
そのようなことがないこと、漫画家の先生方のたゆまぬ努力への理解が広まること、権利がきちんと尊重されることを願っております」

   盗用被害に遭った森下suuはツイッターで、「残念な出来事ですが気持ちを切り替えてがんばりたいと思います」と意気込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中