2022年 5月 28日 (土)

ロシア上空の通過回避、JAL&ANAも検討 「安全が担保できることが大前提」両社長が明かす

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロシアのウクライナ侵攻で欧州の航空会社がロシア領空を通過できなくなり、日本と欧州を結ぶ路線に運休が相次いでいる問題で、日本航空(JAL)と全日空(ANA)がロシア領空を通過しないルートを検討していることを明らかにした。

   両社の社長が2022年3月2日に羽田空港で開かれた記者発表会で明かした。一方で、安全運航が確認できる限りは、現行ルートでの運航を継続する考えだ。冷戦時代の中継地として利用していた米アラスカ州・アンカレジ経由のルートについては否定的で、迂回(うかい)ルートは南回りが有力だ。

  • エールフランス航空はロシア領空を避け、カザフスタンや中国上空を運航している(フライトレーダー21から)。日本の2社も同様のルートの検討に入った
    エールフランス航空はロシア領空を避け、カザフスタンや中国上空を運航している(フライトレーダー21から)。日本の2社も同様のルートの検討に入った
  • ANAの平子裕志社長(左)とJALの赤坂祐二社長(右)。「持続可能な燃料」(SAF)に関する発表会の後に取材に応じた
    ANAの平子裕志社長(左)とJALの赤坂祐二社長(右)。「持続可能な燃料」(SAF)に関する発表会の後に取材に応じた
  • エールフランス航空はロシア領空を避け、カザフスタンや中国上空を運航している(フライトレーダー21から)。日本の2社も同様のルートの検討に入った
  • ANAの平子裕志社長(左)とJALの赤坂祐二社長(右)。「持続可能な燃料」(SAF)に関する発表会の後に取材に応じた

カザフスタンや中国の領空を通るルートだと2時間余計にかかる

   ロシアのウクライナ侵攻を受けて、欧州各国はロシアの航空機に対して領空乗り入れを禁じる制裁措置を決めている。ロシアも対抗し、欧州の航空機に対してロシア領空の乗り入れを禁止。日本と欧州を結ぶ路線はシベリア上空を通過するため、欧州の航空会社に影響が広がっている。

   3月2日時点で、KLMオランダ航空、フィンエアーが日本行きの便を運休しているほか、独ルフトハンザ航空、仏エールフランス航空は、ジョージア、カザフスタンや中国の領空を通り、南回りに迂回するルートで運航している。南回りのルートは、シベリア上空経由よりも2時間ほど所要時間が増える。

   日本政府は現時点ではロシア機の領空通過を禁じていないため、引き続きシベリア上空を通過している。斉藤鉄夫国交相は3月1日の記者会見で、ロシア機の通過を禁じるなどの制裁措置の可能性について「政府全体において、引き続き、状況を踏まえつつ、G7をはじめとする国際社会と連携して総合的に判断するものと承知している」と述べるにとどめている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中