2022年 5月 28日 (土)

「こんなことで私たちを怒らせることはできない」 ウクライナ代表から批判のロシア代表主将が持論

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   サッカーのロシア代表主将FWアルテム・ジューバ(FCゼニト、33)が2022年3月3日にインスタグラムを更新し、ウクライナへの軍事侵攻を巡り自国に向けられた誹謗中傷などについて持論を展開した。

  • ジューバ選手(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
    ジューバ選手(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
  • ジューバ選手のインスタグラムより
    ジューバ選手のインスタグラムより
  • ジューバ選手(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
  • ジューバ選手のインスタグラムより

「私はダブルスタンダードに反対」

   ジューバは投稿文の冒頭で、自身が政治の専門家でないことからロシアの軍事侵攻などについてSNSで沈黙を保っていたと説明。そして自身にも意見があるとして、自国アスリートや自身に向けられた誹謗中傷に言及した。

   ウクライナ人の父とロシア人の母を持つジューバは、ロシアのウクライナへの軍事侵攻が続く状況に「戦争は怖いです。しかし自分がショックなのは人間の敵意と憎しみだ」と胸の内を吐露し、次のように続けた。

「私は国籍に基づく差別に反対しています。私はロシア人であることを恥じていません。ロシア人であることを誇りに思っています。そして、なぜアスリートが今苦しむべきなのか理解できません」

   そして「私はダブルスタンダードに反対しています」とし、「人々はスポーツと政治を切り離せと叫んできたのに、ロシアに関してこの原則が完全に忘れられるのはなぜですか?」と訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中