2022年 5月 24日 (火)

「このままでは厳しい」ローテ候補に開幕2軍危機 巨人投手陣は本当に大丈夫なのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球・巨人の先発陣で左右の柱として期待される高橋優貴、戸郷翔征が開幕2軍危機を迎えている。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

「現状だと2人が開幕ローテーションに入るのは厳しい」

   昨季11勝とブレークした左腕・高橋優貴だが、生命線の直球が走らない。2月17日の練習試合・ロッテ戦(那覇)では投球の6割以上が直球を占めたが、2回3安打2四球1失点と不安定な投球内容。24日の練習試合・楽天戦(那覇)でも3回5安打1失点と最少失点に切り抜けたが、痛打を浴びる場面が目立ち大量失点を喫しても不思議でなかった。

   高卒4年目で大ブレークが期待される戸郷はさらに重症だ。24日の楽天戦で投手強襲安打により負傷交代するなど、1回持たず5安打4失点。実戦2試合登板で防御率16.88と打ち込まれ2軍に降格すると、3月2日の春季教育リーグ・西武戦(ジャイアンツ球場)でも3回2失点とピリッとしない。

「春季キャンプの疲労があると思いますが、現状だと2人が開幕ローテーションに入るのは厳しい。高橋は昨季11勝を挙げたが、良かったのは前半戦だけ。後半戦は直球が走らず変化球で痛打を浴びるパターンが続き、2勝のみと失速した。
今年も本来の直球の威力が見られない。本人が現状を一番分かっているでしょう。
戸郷は直球が150キロを超えるなどスピードは出ていますが、球速ほどのキレを感じない。変化球の制球もアバウトなので打者と戦う以前の問題です。20、21年と2年連続9勝をマークして相手球団のマークも厳しくなるが、将来のエースとして一本立ちしてもらわないと。奮起してもらいたいですね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中