2022年 5月 28日 (土)

スポーツ界のロシア排除は「非人道的」 選手から不満相次ぐ「なぜアスリートが苦しむのか」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロシアのウクライナへの軍事侵攻を受け、国際大会などでロシア選手除外の動きが広がるなか、ロシアのアスリートらがSNSなどでそれぞれの主張を発信している。

   国際パラリンピック委員会(IPC)は2022年3月3日にロシアのウクライナ侵攻を巡りロシアとロシアを支援したベラルーシの排除を決定。一度は条件付きで出場を認めたものの大会開幕直前になって参加を認めないこと急きょ発表した。

  • プルシェンコ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
    プルシェンコ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • プルシェンコ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)

ユニフォームの「Z」マーク物議

   IPCの決定に反発の声を上げたのは、アルペンスキーの2大会(14年ソチ五輪、18年平昌五輪)連続金メダルのアレクセイ・ブガエフ選手だ。

   ブガエフ選手は3月5日までにインスタグラムを更新し、IPCの決定を「不道徳で非人道的」と指摘し、「明らかなロシア敵視であり五輪精神は欺瞞だ」と怒りを滲ませた。

   体操界では3月5日にカタール・ドーハで開催された種目別W杯で銅メダルを獲得したイワン・クリアク選手のユニフォームが物議をかもしている。

   クリアク選手は種目別平行棒に出場し銅メダルを獲得。表彰式では優勝したウクライナの選手と並びメダルを授与した。

   物議をかもしたのは、クリアクの選手が着用したユニフォームの胸部部分の「Z」のマークだ。「Z」マークはロシアでは勝利を意味するとされ、ロシア軍の戦車にも描かれているため、政治的なメッセージが込められているのではないかとの憶測が飛び交った。

   国際体操連盟(FIG)は3月6日に公式サイトでクリアクの懲戒手続きを開始するよう体操倫理財団に求めることを発表。FIGは主催大会でロシアの国旗などの使用を禁じていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中