2022年 5月 22日 (日)

八重・新垣結衣「想像以上につらかった」 鎌倉殿の13人、妻を命がけで守った江間次郎の最期

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2022年3月6日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)第9話で、俳優の新垣結衣さん演じる八重を命がけで守った夫・江間次郎(芹澤興人さん)の顛末をめぐり、視聴者からは「カッコイイ最期だった」と反響を呼んでいる。

  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)
    新垣結衣さん(写真:アフロ)
  • 新垣結衣さん(写真:アフロ)

「頼朝に決して八重を渡してはならん」

   大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として武士の頂点に昇り詰める姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや大河ドラマ「新選組!」「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。

   第9話では、ついに鎌倉入りを果たした頼朝に対し、一気に劣勢に陥った伊東祐親(浅野和之さん)が、伊東館に留まり頼朝を迎撃することを決意。一方、次郎に対して「頼朝に決して八重を渡してはならん」と八重の殺害を指示する。

   八重といえば、頼朝の元妻で、次郎と再婚後も心は頼朝に向いたまま。過去には「(次郎を)夫と思ったことはございません」と冷たく接し、頼朝の危機を聞きつければ会いに行きたいと次郎に船をこがせたこともある。

   そんな八重の命を奪う命令を請け負うこととなった次郎。だが、刀を抜いて忍び寄るも「俺にはできません。俺にはあなたを殺せない」と本人を前に号泣し、「お逃げください! 正面からだと、舅殿に見つかる。裏からどうぞ。急いで!」とどうにか逃がそうとする。そんな次郎に、八重は「来て」と次郎も一緒に逃げようと懇願。しかしそこに、祐親に仕える善児(梶原善さん)が現れ、主君の命令に背いた次郎を一瞬で殺してしまうのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中