2022年 5月 26日 (木)

ロシア選手Zマークにウクライナの五輪メダリストが怒り 露メディアは「挑発された」とのコーチ談

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   体操の種目別W杯男子平行棒に出場したイワン・クリアク(ロシア)のユニフォームが物議をかもしている。

   クリアクは2022年3月5日に行われた男子平行棒で銅メダルを獲得し、表彰式に胸の部分に「Z」のマークが入ったユニフォーム姿で登場した。表彰式では優勝したウクライナのイリア・コフトゥンと並んでメダルを授与した。

  • ベルニャエフ選手(写真:AP/アフロ)
    ベルニャエフ選手(写真:AP/アフロ)
  • ベルニャエフ選手のインスタグラムより
    ベルニャエフ選手のインスタグラムより
  • ベルニャエフ選手(写真:AP/アフロ)
  • ベルニャエフ選手のインスタグラムより

「スポーツと政治は別であると叫ばれないように」

   「Z」マークはロシアでは勝利を意味するとされ、ウクライナを侵攻するロシア軍の戦車や軍用車の側面に描かれているため政治的なメッセージが込められている可能性があるとして非難が相次いだ。

   国際体操連盟(FIG)はクリアクの行為を「衝撃的な行動」と指摘し、3月6日に公式サイトでクリアクの懲戒手続きを開始するよう体操倫理財団に求めることを発表した。

   クリアクの行為に対して16年リオデジャネイロ五輪の男子平行棒金メダリスト、オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)がSNSで怒りを滲ませた。

   6日に更新したインスタグラムに「Z」マークの入ったユニフォームを着用したクリアクの画像と表彰台で金メダルのコフトゥンとクリアクの2ショット画像を添付し、「ロシア人にスポーツと政治は別であると叫ばれないようにしてください」などのコメントを投稿した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中