2022年 5月 25日 (水)

河野太郎氏に「日本は中国にアクションできないのか」 ウクライナ人YouTuberが覚悟問う

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   自民党の河野太郎広報本部長は2022年3月8日、ウクライナ出身の兄弟ユーチューバー・SAWAYAN(サワヤン)との対談動画を公開し、ロシアのウクライナ侵攻に言及した。

   対露制裁の実効性を高めるためにも、蜜月関係とされる中国への圧力も必要だと訴えた2人。河野氏は"台湾有事"に触れつつ、次のように持論を述べた。

  • 自民党の河野太郎広報本部長
    自民党の河野太郎広報本部長
  • 自民党の河野太郎広報本部長

「動く必要があるのではないか」

   「絶対にブッコんでやろうと思って来ました」――SAWAYANのサワさんはこう切り出すと、ウクライナに身を置く父の要望を伝えた。事態打開に向け、中国が積極的な役割を果たすよう日本が促すべきとの指摘だ。

「日本はどうしてもヨーロッパやアメリカが施策を出したときに後追いの形で何かをすることが多いと思う。中国は日本と近い距離にあり、中国とロシアは密接な関係にあるので、そこを問い詰めるじゃないですが、何かアクションができないかと父親から日本へのお願いでした。そこの関係性を暴いてほしいといいますか、下手に色々とできないのはわかっていますが動く必要があるのではないか」

   日本側の"覚悟"を問われた河野氏は、中国は現在、いわゆる台湾有事を想定して軍事動向や経済制裁など国際社会の反応を注視しているとの見方を示した。

   国、民間による強力な反発は台湾有事への抑止力につながり、ロシアへの経済制裁の抜け穴を防ぐという観点からも「侵略を認めるんですかと話をしていかないといけない」とサワさんに同意した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中