2022年 5月 25日 (水)

「ウクライナの人の気持ち考えろ」と批判されたリュウジ氏 「ロシア料理」動画の広告収益を寄付へ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさんは2022年3月10日、「ロシア料理」の動画の広告収益を、ウクライナに寄付すると発表した。

  •  「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさん
    「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさん
  •  「バズレシピ」で知られる人気ユーチューバー・リュウジさん

「僕は戦争は反対ですがロシアの文化に対して憎悪が行くのは違うと思います」

   リュウジさんは9日、「鶏肉の無水バター煮」の作り方を紹介する動画を公開した。ロシア料理「帰れ鶏肉へ!」を参考にしたという。鶏肉と新玉ねぎを水を使わず煮込む料理だ。

   この動画に対して「ウクライナの人の気持ち考えろよ」と言うコメントが寄せられたと、ツイッターで明かした。しかしリュウジさんは「料理に罪はない」と断じ、次のように心境を述べた。

「僕は戦争は反対ですがロシアの文化に対して憎悪が行くのは違うと思います
ロシア料理店の看板が割られたりビーフストロガノフやピロシキが日本から消えたりそんな世の中になってほしくないんすよ
そんなの正義でもなんでもない」

   また「なぜこのタイミングで(動画を)出すのか」と言う声に対しては、材料となる新玉ねぎの旬に合わせたためだという。リュウジさんは「この料理が新玉葱の旨味を最大限に活かした料理」だとし、「それがたまたまロシア料理を参考にした料理だっただけです」と述べた。

   一連のツイートは翌10日、スポーツ紙のネット記事に取り上げられ、注目を集めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中