2022年 5月 22日 (日)

秋元康企画「ラストアイドル」なぜ活動終了? 発表理由の「コロナ禍」に透ける事情、識者が分析

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   女性アイドルグループ「ラストアイドル」が2022年3月9日に、5月31日で活動を終了することを公式サイトで発表した。発表ではその理由について、「2020年初頭に発生したコロナ禍で思うような活動ができず、それぞれのメンバーの将来やこの先のグループの未来などを総合的に判断」したと説明している。

   ラストアイドルは作詞家の秋元康氏(63)が企画したオーディション番組「ラストアイドル」(テレビ朝日系)から2017年12月にデビュー。シングル発売ごとに「バトル」と呼ばれるオーディションを行い、勝ち抜いたメンバーがシングル曲に選抜されるというシステムが話題を呼んだほか、ライブや握手会といったグループアイドルの定番とも言える要素もファンを魅了してきた。

   「コロナ禍で思うような活動ができず」といった終了理由の背景には、具体的にどのようなことがあったと考えられるか。プロアイドルヲタクのブレーメン大島氏に話を聞いた。

  • ユニバーサルミュージックジャパン公式サイトから
    ユニバーサルミュージックジャパン公式サイトから
  • ユニバーサルミュージックジャパン公式サイトから

「『こんなはずじゃなかった』というのが運営側の正直な気持ちだと思います」

   まず、ブレーメン大島氏は今回の活動終了について、運営側としてはここまで新型コロナウイルス禍が長引くと予想しておらず、コロナに振り回された結果の活動終了だと指摘する。

「『こんなはずじゃなかった』というのが運営側の正直な気持ちだと思います。本来であれば、もう、握手会やライブといった以前通りの活動はとっくに再開させていたかったというのが正直なところで、現状、このまま行っても『上がり目はない』と運営側が判断したということではないでしょうか」

大島氏は他の理由も指摘した。

「あとは、売り出していく上での『手本がなくなってしまった』というのもあると思います。握手会が出来ない今、例えば、AKB48のやり方は、もはや参考に出来ません。後は、仮定の話になってしまいますが、最近活気づいてきた地下アイドルのやり方を参考にすれば、活動終了は回避できたかもしれません。コンサート会場の規模を小さくして公演数を増やし、『日銭を稼ぐ』という形で収益を上げる方向にシフトできれば活動終了には至らなかったかもしれませんが、それは叶わなかったということでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中