2022年 5月 18日 (水)

「記者ハンドブック」6年ぶり大改訂 「ジェンダー平等への配慮」新規収録、「肌色」はNG表現に

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新聞用字用語集『記者ハンドブック』(共同通信社)が6年ぶりに改訂され、2022年3月15日に第14版が刊行される。

  • 記者ハンドブック(第14版)
    記者ハンドブック(第14版)
  • 記者ハンドブック(第14版)
    記者ハンドブック(第14版)
  • 記者ハンドブック(第14版)
  • 記者ハンドブック(第14版)

「(ユーザーがゲームに)課金する」は×

   記者ハンドブックは1956年の刊行以降、メディア関係者を中心に支持を集めてきた。共同通信社は「一般企業の企画・広報担当者からWEBライターまで、文章を書くすべての人にお薦めする日本語用字用語集の決定版です」と自社サイトで案内する。

   第14版の大きな変更点は、「ジェンダー平等への配慮」と題した項目の追加だ。前書きで「社会的、文化的差異であるジェンダーについて初めて取り上げ、章立てしました」と説明している。

   性的少数者(LGBTなど)に関する基本的な用語や、気を付けたい表現が列挙されている。日用的な「女優」「うぐいす嬢」といった表現は「俳優(※例外あり)」「場内アナウンス係、車上運動員」と改めるよう注意を促す。

   ジェンダー報道をめぐっては、19年3月に関係団体が「LGBT報道ガイドライン」を策定していた。

   時流を踏まえた用語の採録も特徴だ。SNS時代を象徴するように「ハッシュタグ」の説明が加筆され、「『#○○』というハッシュタグ(検索目印)などと表記する。『♯』(シャープ)との混同に注意」としている。

   そのほか、誤りやすい語句として「(盗品を)転売した疑い→売った疑い、売却した疑い」「(ユーザーがゲームに)課金する→金をつぎ込む」などが加わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中