2022年 5月 21日 (土)

北欧で航空機にGPS干渉、一部欠航に 4年前の同様事例では「ロシア関与疑惑」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロシアのウクライナ侵攻で各国の航空会社がシベリア上空の飛行を避けるようになっても、ロシアによる「空の安全」へのリスクは残る可能性もありそうだ。フィンランドの運輸通信庁(Traficom)が2022年3月10日(現地時間)、「航空機でGPS信号の干渉が観測されたという多数の報告が寄せられている」と発表した。

   現時点でこの原因ははっきりしないが、過去の同様の事例ではロシアの関与が疑われたことがある。さらに、米国とフィンランドの首脳会談で防衛協力を議論した直後に干渉が始まっており、そのタイミングにロシア側の意図を疑う向きもある。

  • ヘルシンキから迂回(うかい)ルートで東京に向かうフィンエアー機。ロシアの飛び地、カリーニングラードに近いリトアニア上空を飛行している(写真はフライトレーダー24から)
    ヘルシンキから迂回(うかい)ルートで東京に向かうフィンエアー機。ロシアの飛び地、カリーニングラードに近いリトアニア上空を飛行している(写真はフライトレーダー24から)
  • ヘルシンキから迂回(うかい)ルートで東京に向かうフィンエアー機。ロシアの飛び地、カリーニングラードに近いリトアニア上空を飛行している(写真はフライトレーダー24から)

リトアニア機が3日間にわたって欠航

   Traficom の発表によると、3月8日には、フィンランド南部のミッケリ、中部のユバスキュラ、中部のクオピオ周辺を飛行していた航空機から干渉の報告が複数寄せられた。この干渉の影響で、リトアニアの航空会社、トランサヴィアバルティカは3日間にわたって、エストニアの首都タリンとフィンランド南部のサボンリンナを結ぶ便の欠航を余儀なくされたという。発表では、

「飛行の安全は確保されている。航空会社には、GPS信号が途絶えた場合の手順がある。航空機は他のシステムを使って安全に航行・着陸することができる」

とする一方で、

「最終進入には、GPS信号を必要としない従来の進入システムもある。航空会社は、GPS信号の干渉が分かっている地域で運航できるかどうかを独自に判断している」

とも指摘。原因については「Traficomでは、何が干渉を起こしているかについて承知していない」として「状況を監視し、情報収集を進める」としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中