2022年 5月 22日 (日)

「コイ200匹を川に放流」地域活動に疑問噴出 市も懸念「外来種持ち込みならよくない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   三重県伊勢市内の勢田川の支流で、住民有志のグループがコイ約200匹を放流したと地元テレビ局が報じ、専門家らから懸念の声が出ている。

   放流で生態系を乱してしまうという理由からだ。伊勢市の環境課は、どんなコイなのかなど事情はまだ聴けていないとしたうえで、「外来種の持ち込みならよくありません」と取材に答えた。

  • 過去には、ニシキゴイを放流(写真はイメージ)
    過去には、ニシキゴイを放流(写真はイメージ)
  • 過去には、ニシキゴイを放流(写真はイメージ)

「コイの放流なら、遺伝子かく乱もありえます」

   報道によると、この川では、宅地開発による生活排水の影響でコイやフナなどが激減したが、最近は、下水の普及による水質改善が進んだ。そこで、川の浄化などに取り組むグループが、昔の川を取り戻そうと、町内会や地元企業などの人たちも参加して約30人で、2022年3月13日にコイの稚魚約200匹を川に放流した。

   現場の川は、住宅地を流れるコンクリートで囲まれた排水路になっている。

   複数の地元テレビ局がこの日に、その様子を撮った映像を流している。それを見ると、黄色いジャンバーを着た参加者らがコンクリートの堤防のそばから、企業の名前が入ったバケツを使って稚魚を一斉に川に流し、白っぽい色や赤い斑点もあるコイが群れを成して川を泳ぎ始めていた。

   このニュースがウェブ版でも流れると、コメント欄などでは、「これは逆に生態系を崩してしまう」「専門家の意見を取り入れて欲しい」といった懸念の声が相次いだ。過去にも、同様なケースが度々騒ぎになっていたからだ。魚類などの専門家からも、在来種を捕食して減らしたり川底の泥をまき散らして水を濁らせたり、むしろ逆効果になるなどとツイッター上で指摘があった。

   伊勢市の環境課は16日、J-CASTニュースの取材に対し、「市は放流事業の運営には関わっていない」としたうえで、コイの放流についてこう話した。

「このグループからまだ話を聞けておらず、どこからどんなコイを持ち込んだのかは分かりません。外来種の持ち込みなら、生物多様性の観点からよくないと考えています。コイの放流なら、遺伝子かく乱もありえます」

   ただ、コイは、特定外来生物ではないため、放流に法的な許可は必要ないとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中