2022年 5月 22日 (日)

愛子さま、初会見で「国民と苦楽を共に」 長所聞かれ人柄伝わるエピソードも

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが2022年3月17日、成年皇族として初めて記者会見に臨んだ。

   皇族の成年の会見は20歳の誕生日に合わせて行われるのが通例。愛子さまが20歳の誕生日を迎えたのは21年12月1日だったが、学業を優先し、春休み期間の3月に行うことにした。「皇室の一員としてのあり方」に関する質問には、上皇さまや天皇陛下同様、「国民と苦楽を共にする」ことの重要性に言及。そのひとつが「被災地に心を寄せ続けるということ」だと話した。愛子さまは記者から事前に寄せられた質問に答える前に、3月16日夜に最大震度6強を観測した地震で犠牲者が出たことに言及。「心が痛んでおります。ご遺族の皆様と、被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます」と述べた。

  • 愛子さまは成年皇族として初めて記者会見に臨んだ。写真は2021年12月撮影(写真:代表撮影/AP/アフロ)
    愛子さまは成年皇族として初めて記者会見に臨んだ。写真は2021年12月撮影(写真:代表撮影/AP/アフロ)
  • 記者会見に臨む愛子さま(写真は宮内庁提供動画から)
    記者会見に臨む愛子さま(写真は宮内庁提供動画から)
  • 愛子さまは成年皇族として初めて記者会見に臨んだ。写真は2021年12月撮影(写真:代表撮影/AP/アフロ)
  • 記者会見に臨む愛子さま(写真は宮内庁提供動画から)

年末年始の宮中祭祀で「成年皇族の一員であるという自覚」

   末年始にかけて、いくつかの宮中祭祀に臨んだという愛子さまは、「自分が成年皇族の一員であるという自覚が芽生え、個々の行事に責任感を持って臨まなければならないと感じた瞬間でございました」などと話した。公務については、学業優先を前提に

「少しでも両陛下や他の皇族方のお力になりますよう、私のできる限り精一杯務めさせていただきたいと考えております」

とした。

   天皇陛下をはじめとする皇族から「皇室の一員としてのあり方」をどう学んでいるかに関する質問には、上皇さまや天皇陛下がたびたび口にしてきた「皇室は国民の幸福を常に願い、国民と苦楽を共にしながら務めを果たす」という考え方が「基本であり、最も大切にすべき精神」だと指摘。「国民と苦楽を共にする」ことのひとつが「被災地に心を寄せ続けるということであるように思われます」と述べた。その上で、発生から11年が経つ東日本大震災の被災者について

「苦難の道を歩まれている方々に思いを寄せ続けるということも大切にしていくことができればと思っております」

などと述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中