2022年 5月 19日 (木)

「この世界の片隅に」片渕須直監督、映像無断使用され抗議 NHKが謝罪「行き違いで本人に伝わらず」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」(2016年)の片渕須直監督(61)が、NHKのドキュメンタリー番組で、無断で自分の映像を使われたとツイッターで抗議していたが、NHKは、行き違いがあったとして片渕監督に謝罪した。

   片渕監督は、NHKが作品をよく理解していないと、出演を断っていたという。NHKの広報局は、映画の担当者に映像使用を要望していたが、監督に伝わっていなかったと取材に説明している。

  • 映像使用で抗議されたNHK
    映像使用で抗議されたNHK
  • NHKにツイッターで抗議していた(現在は削除)
    NHKにツイッターで抗議していた(現在は削除)
  • 映像使用で抗議されたNHK
  • NHKにツイッターで抗議していた(現在は削除)

片渕監督が写った写真や呉市のことを語る映像を使う

   NHK・BSプレミアムの番組「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」では2022年3月15日夜、漫画家こうの史代さんの原作「この世界の片隅に」について特集した。

   「『この世界の片隅に』~戦後世代が描く戦争~」と題して、広島出身のこうのさんが新たな戦争表現の可能性を切り開いたとして、戦後世代が描く戦争漫画について、こうのさんや他の漫画家らに語ってもらった。番組サイトでは、「戦争の悲惨さを描くよりも、戦時下でもひたむきに生きる女性や家族、隣人たちの日常を見つめた異色の作品だ」と紹介している。

   番組を見ると、冒頭では、映画公開の舞台あいさつに片渕監督らが登壇した姿がまず流れた。その後、こうのさんがこの漫画を描くまでの経緯を説明し、続いて、映画製作の舞台裏についての紹介があった。

   そこでは、映画は地味な内容でヒットしないと資金がなかなか集まらなかったが、片渕監督は、4年かけて熱心に地元の広島県呉市に通い続けたとした。その姿に感銘を受けた地元の人たちが片渕監督を空襲現場などに案内し、映画のPRにも奔走したことも紹介した。

   その中で、片渕監督が写った写真や呉市のことを語る映像などが使われている。

   そして、2015年のクラウドファンディングで4000万円近くの資金が集まり、映画化が大きく前進したとしていた。

   これに対し、片渕監督は17日にツイッターを更新し、直接番組は見なかったものの、自分の映像が使われていたと聞いてがく然としたと明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中